意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「非凡」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「非凡」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「非凡」という言葉を使った例文や、「非凡」の類語を紹介して行きます。

非凡

Meaning-Book
「非凡」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「非凡」とは?意味
  • 「非凡」の表現の使い方
  • 「非凡」を使った例文や短文など
  • 「非凡」の類語や類義語・言い換え


「非凡」とは?意味

「非凡」は、「平凡でないこと」「普通より特に優れていること」を意味します。

  • 「非凡」の読み方

「非凡」の読み方

「非凡」の読み方は、「ひぼん」になります。



「非凡」の表現の使い方

「非凡」の表現の使い方を紹介します。

「非凡」には、「平凡でないこと」「世間一般より特に優れていること」という意味があります。

そこで、平凡でないことを誰かがした時、また普通よりも特に優れていると感じられる人を見た時などに、「非凡」という言葉を使ってみましょう。

例えば、学校の友達の中に、何をやらせても優れていると感じる人がいるかもしれません。

そのような友達に対して、「彼は非凡な才能の持ち主だ」などと「非凡」という言葉を使って褒めてみましょう。

「非凡」を使った例文や短文など

「非凡」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「非凡」を使った例文1
  • 「非凡」を使った例文2

「非凡」を使った例文1

「この新人選手は、一目見ただけで、『非凡』な才能だと分かる」

この例文は、あるスポーツ選手についての文章になります。

ある新人選手が、関係者が一目見ただけで、普通の選手より特別に優れていることが分かるという文章になります。

このように「非凡」には、「平凡でないこと」「世間一般より特に優れていること」という意味があります。

じっくりと見なくてもすぐにわかるほど、素晴らしい才能の持ち主を「非凡な才能」などと呼びます。

「非凡」を使った例文2

「『非凡』な腕前により、最高の寿司が握られる」

この例文は、一般的な寿司職人をはるかに上回るような腕前の寿司職人により、最高の寿司が握られるという文章になります。

平凡な寿司職人が握ったすしでも十分に美味しいため、「非凡な腕前」の職人が握る寿司は、どれほど美味しいか想像できないほどかもしれません。



「非凡」の類語や類義語・言い換え

「非凡」の類語や類似を紹介します。

  • 「優秀」【ゆうしゅう】
  • 「素晴らしい」【すばらしい】

「優秀」【ゆうしゅう】

「優秀」「非常に優れていること」という意味があります。

「彼は優秀な人材だ」という言葉には「あの男性は、非常に優れた人材だ」という意味になります。

「優秀な生徒」「優秀な人」などという使い方をします。

「素晴らしい」【すばらしい】

「素晴らしい」「群を抜いて優れている」という意味があります。

また「この上なく好ましい」ことを意味します。

「素晴らしい作品」「群を抜いて優れた作品」という意味になります。

「素晴らしい人」などという使い方をします。

icon まとめ

「非凡」という言葉について見てきました。

平凡でないことや、普通より特に優れていることを一言で言いたい時、「非凡」という言葉を使ってみましょう。