意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「優秀」の意味とは?読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】

「優秀」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「優秀」の英語や、「優秀」を使った例文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「優秀」の意味とは?読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「優秀」の意味とは?
  • 「優秀」の意味
  • 「優秀」の英語
  • 「優秀」の対義語
  • 「優秀」の言葉の使い方
  • 「優秀」の類語や類義の表現
  • 「優秀」を使った例文


「優秀」の意味とは?

「優秀」という言葉を知っているでしょうか。

「優秀」「ゆうしゅう」と読み、広く一般的に使われている言葉です。

誰かから「優秀」と言われた経験がある人や、誰かに対して「優秀」だと感じている人は多いでしょう。

また、自分の持ち物に対して「優秀」だと感じている人もいるかもしれません。

一方で「優秀」という言葉を、今回初めて知ったという人もいるでしょう。

そこで「優秀」の意味や使い方を紹介します。

この言葉の意味を知る事で、なぜあなたが「優秀」と言われたのか、その意味が理解できるかもしれません。



「優秀」の意味

「優秀」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「優秀」には、「他より優れている事」という意味があります。

例えば学生時代の生徒の中には、同級生よりも優れている生徒がいます。

このような生徒は「優秀な生徒」と呼ばれます。

また仕事をしていても、明らかに誰よりも優れている社員がいます。

そのような社員は他の社員から「優秀な社員」と呼ばれます。

他にも技術的に優れている会社は「技術が優秀な会社」と呼ばれます。

このように「優秀」という言葉には、「他より優れている事」という意味があります。

「優秀」の英語

「優秀」という言葉を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。

「優秀」は英語で、“excellent”(エクセレント)になります。

“excellent”には「優秀な」「素晴らしい」という意味があります。

他にも“superior”(スペリオール)と言う英語にも「優秀な」という意味があります。

さらに“distinguished”(ディスティングイシュド)にも「優秀な」という意味があります。

このように「優秀」という言葉は、いくつもの英語にする事ができるため、英語を使う機会のために覚えておきましょう。



「優秀」の対義語

「優秀」の対義語を紹介します。

「優秀」の反対の意味を持つ言葉を知る事で、この言葉の意味を立体的に理解できるようになるかもしれません。

  • 「劣等」
  • 「不出来」

「劣等」

「劣等」という言葉には、「他よりも劣っている事」という意味があります。

「他よりも優れている」という意味を持つ「優秀」の対義語と言えるでしょう。

例えばクラスで劣った存在だと見られている人は、先生などから「劣等性」と言われてしまうかもしれません。

また自分の事を、他の人よりも劣った存在だとみなす人は「劣等感」を持つかもしれません。

「不出来」

「不出来」「ふでき」と読み、「出来が悪い事、仕上がりが良くない事」などの意味があります。

例えば冷夏などで農作物の出来が悪い時、「今年の野菜は不出来だ」などと言われます。

また卒業した生徒が軒並み出来が悪い時、「今年の卒業生は不出来だ」などと言います。

「優秀」の言葉の使い方

「優秀」という言葉をどのような場面で使えばいいでしょうか。

「優秀」には、「他よりも優れている事」という意味がありますので、他の物事や人などと比べた時に、優れていると感じられる時に使いましょう。

例えば学校で、誰よりも成績が良い生徒は「優秀な学生」と呼ばれます。

ビジネスシーンで、他の上司よりも優れた上司だと感じる人に対しては「あの上司は優秀だ」などと言います。

さらに彼氏が恋人として優れていると感じる時、「A君は優秀な彼」などと言います。

この場合は友達の彼氏などと比較しています。

このようにあらゆる場面で、何かと何かを比べた時に、優れていると感じるものがあるでしょう。

そのような時に、「優秀」という言葉を使ってみましょう。

「優秀」の類語や類義の表現

「優秀」の類語や類義表現を紹介します。

「優秀」と似た意味を持つ言葉を知る事で、「優秀」という言葉をより深く理解できるようになるでしょう。

  • 「立派」
  • 「見事」

「立派」

「立派」という言葉は、一般的に良く使われている言葉です。

「立派」には、「言う事なく、優れている事」という意味があります。

「優秀」という言葉を使う時は、周囲の人や物事と比較して優れていると感じる時ですが、「立派」は、他と比較する事無く、特に優れていると感じているニュアンスがあります。

そのため「立派」「優秀」なら、「立派」の方がやや上位の褒め言葉と言えるでしょう。

誰かに対して「優秀」と言う前に、「立派」と言えるかどうか考えてみてはいかがでしょうか。

「見事」

「見事」という言葉には、「一見の価値がある事」という意味があります。

例えば寿司の名人の手さばきは、一見の価値があるため、「見事の手さばき」と言えるでしょう。

また飛距離が特大のホームランも見る価値があるため、「見事なホームラン」と言えるでしょう。

このように「一見の価値がある」と感じるものに対して、「見事」という言葉を使ってみましょう。

「優秀」を使った例文

「優秀」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「優秀」を使った文章を見る事で、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

「私は『優秀』な部下を持って幸せだと感じている」

ビジネスシーンでは、部下に対して「優秀」という褒め言葉を贈る事があります。

他の同世代の社員に比べて優れた社員に対して「優秀」という言葉を使います。

仕事ができる部下、気配りができる部下を持つと、仕事上のストレスが減り、仕事の負担も減ります。

そのため「優秀」な部下を持つと、この例文の上司のように幸せに感じるでしょう。

例文2

「将来的に『優秀』なパイロットになりたい」

何かを目指す時は、まず一人前を目指すでしょう。

他の人の足を引っ張らないよう、最低限の仕事ができるようになった後で、さらなる目標を定めます。

次の目標は、他の人よりも、技術や知識、仕事のやり方で抜きんでる事ではないでしょうか。

この例文に登場するパイロットは、現在は一人前を目指している過程かもしれませんが、最終的には「優秀」になりたいと思っています。

icon まとめ

「優秀」という言葉の意味や使い方を見てきました。

他の人と比べて優れている人は「優秀」と呼ばれます。

平均レベルにまでしか行った事が無いという人は、「優秀」と呼ばれる事がないため、「優秀」と呼ばれる機会が多い人は、誇りに思っていいのではないでしょうか。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。