意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「使える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「使える」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「使える」という言葉を使った例文や、「使える」の類語を紹介して行きます。

使える

Meaning-Book
「使える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「使える」とは?意味
  • 「使える」の表現の使い方
  • 「使える」を使った例文や短文など
  • 「使える」の類語や類義語・言い換え


「使える」とは?意味

「使える」には、「優秀で役に立つ」という意味があります。

また「剣術などに秀でていること」を意味します。

  • 「使える」の読み方

「使える」の読み方

「使える」の読み方は、「つかえる」になります。



「使える」の表現の使い方

「使える」の表現の使い方を紹介します。

「使える」は、「優秀で役に立つ」ことを意味します。

例えば、職場に才能にあふれていて仕事ができる同僚がいるかもしれません。

そのような同僚が優秀で役立っていることを周囲に伝える時、「彼は使える人材だ」などと「使える」という言葉を使ってみましょう。

また、「使える」「剣術などに優れている」を意味します。

例えば、剣道の試合をしている時に、目の前の、選手の技量が秀でていると感じることがあるかもしれません。

そのような時、「今日の対戦相手は、使える相手のようだ」などと、相手の優秀さを「使える」という言葉を使って表現できます。

「使える」を使った例文や短文など

「使える」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「使える」を使った例文1
  • 「使える」を使った例文2

「使える」を使った例文1

「学歴に拘らず、『使える』人材を獲得しよう」

この例文は、学生や転職者を採用する時、高学歴の人に拘らないで、有能で役立つタイプの人を採用しようという文章になります。

このように「使える」には、「優秀で役に立つ」という意味があります。

この場合は「使える」人材の見極めができるかどうかが大切になりそうです。

「使える」を使った例文2

「厳しい風貌から、その剣士が『使える』男だと分かる」

この例文はある剣士を見た時に、とても厳しい風貌をしているため、剣術に優れている男性だと分かったという文章になります。

このように「使える」「剣術などに優れていること」を意味します。

優れた剣士になると、相手の力量を雰囲気から察せられるため、「使える」かどうかは一目瞭然かもしれません。



「使える」の類語や類義語・言い換え

「使える」の類語や類似を紹介します。

  • 「役立つ」【やくだつ】
  • 「優秀」【ゆうしゅう】

「役立つ」【やくだつ】

「役立つ」「有用である」という意味があります。

「社会に役立つ人材を育てる」という言葉は、「社会に出ても有用な人材を育てる」ことを意味します。

「役立つ道具」「役立つ話」などという使い方をします。

「優秀」【ゆうしゅう】

「優秀」「大勢の中でも、特に優れていること」を意味します。

「彼は学校でもとびきり優秀な若者だ」という文章には、「ある男子生徒が、学校内で特に優れている」という意味があります。

「優秀な人」「優秀な女性」などという使い方をします。

icon まとめ

「使える」という言葉について見てきました。

才能で役に立つ人を見た時、また剣術などに秀でている人を見た時などに、「使える」という言葉を使ってみましょう。