意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「役立つ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「役立つ」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「役立つ」という言葉の理解を深めていきましょう。

役立つ

Meaning-Book
「役立つ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「役立つ」の意味
  • 「役立つ」の表現の使い方
  • 「役立つ」を使った例文と意味を解釈
  • 「役立つ」の類語や類義語


「役立つ」の意味

「役立つ」とは何か、その役目を果たすのに適していること、役割りを十分にできる能力があるという意味になります。

  • 「役立つ」の読み方

「役立つ」の読み方

「役立つ」の読み方は、「やくだつ」になります。



「役立つ」の表現の使い方

「役立つ」の表現の使い方を紹介します。

「役立つ」とは動詞であり、役に立つこと、間に合うことを言います。

「これは何かに役立つ」「雨が降った時に役立つ」「勉強に役立つ」などと使います。

「役立つ」は、人や物、どちらに対しても使いますが、人に対して「あいつは何かと役立つ」などと言うのは、まるで利用価値があると言わんばかりで、あまりいい意味合いではない時もあります。

使い方には注意が必要な言葉でもあります。

「役立つ」を使った例文と意味を解釈

「役立つ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「役立つ」を使った例文1
  • 「役立つ」を使った例文2

「役立つ」を使った例文1

「これを持っていけば、何かと役立つはずだ、忘れないように入れておこう」

便利な物や、様々な用途に使える物などは「何かと役立つ」と言い表します。

本来であればいい意味ですが、人に使う場合は都合よく便利に使えるといった皮肉、意地悪な意味も含みますので注意しておきましょう。

「役立つ」を使った例文2

「彼は語学が得意なだけでなく、勇気もありますし機転も利きます。きっと我社にとって役立つ人材だと思います」

「役立つ人材」とは役目を果たすのに適している、十分に行う能力を持っているという意味ですから社会人であれば褒め言葉となります。

(ただし、都合よく使える、便利な人という意味で「役立つ人材」などと言うのは皮肉ですからいい意味とは言えません)一方で、逆の意味を持つ言葉は「役立たず」です。

これは人に対して言う場合は悪い意味しかありません。



「役立つ」の類語や類義語

「役立つ」の類語や類義語を紹介します。

  • 「有用」【ゆうよう】
  • 「重宝」【ちょうほう】
  • 「貢献」【こうけん】

「有用」【ゆうよう】

「有用」とは役に立つこと、様子を言います。

「彼は我社に有用な人材であるのは間違いない」「有用な品物なので大事に保管してある」などと使います。

「重宝」【ちょうほう】

「重宝」とは便利であること、よく使うこと、何かと役に立つという意味になります。

「あれば重宝するのはわかっているけれど、ないならないで構わない」「この道具は何かと重宝しています」などと使います。

「貢献」【こうけん】

「貢献」とは物事や社会に力を尽くして、良い結果をもたらすことを言います。

「彼が優勝に貢献してくれた」「貢献度が高い人を大事にしたいと思うのは当たり前じゃないか」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「役立つ」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。