意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「腹一杯」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「腹一杯」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「腹一杯」という言葉を使った例文や、「腹一杯」の類語を紹介して行きます。

腹一杯

Meaning-Book
「腹一杯」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「腹一杯」とは?意味
  • 「腹一杯」の表現の使い方
  • 「腹一杯」を使った例文や短文など
  • 「腹一杯」の類語や類義語・言い換え


「腹一杯」とは?意味

「腹一杯」には、「たくさん食べて、もうこれ以上、腹に入らないこと」という意味があります。

また「思う存分」を意味します。

  • 「腹一杯」の読み方

「腹一杯」の読み方

「腹一杯」の読み方は、「はらいっぱい」になります。



「腹一杯」の表現の使い方

「腹一杯」の表現の使い方を紹介します。

「腹一杯」は、「たくさん食べて、もうこれ以上、腹に入らないこと」を意味します。

例えばバイキングに行き、食べ放題の料理を楽しむとします。

初めのうちは美味しく食事を楽しんでいたのに、次第にお腹が膨らんで、最終的に、もうこれ以上、腹に入らない状態になります。

このような時、「もっと食べたいが、腹一杯で食べられない」などと、「腹一杯」という言葉を使って表現します。

また「腹一杯」は、「思う存分」を意味します。

例えば、朝から晩まで、ゲームを続けた時、人によっては思う存分ゲームを楽しめたと感じるのではないでしょうか。

このような時、「腹一杯、ゲームを楽しんだ」と、「腹一杯」という言葉を使ってみましょう。

「腹一杯」を使った例文や短文など

「腹一杯」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「腹一杯」を使った例文1
  • 「腹一杯」を使った例文2

「腹一杯」を使った例文1

「大盛りラーメンを食べて、お腹が痛いくらい『腹一杯』になる」

この例文は、大盛りラーメンを食べて、お腹が痛くなるほどたくさん食べたため、もうこれ以上、腹に入らないという意味があります。

このように「腹一杯」は、「たくさん食べて、もうこれ以上、腹に入らないこと」を意味します。

「腹一杯」を使った例文2

「一日中、テーマパークで遊び続けて、もう『腹一杯』だ」

この例文は、一日中テーマパークに滞在し、思う存分楽しんだという文章になります。

このように、「腹一杯」は、「思う存分」を意味します。

もう、遊び足りないと思うことがないほど、思う存分遊べた時、「腹一杯楽しんだ」などと「腹一杯」という言葉を使ってみましょう。



「腹一杯」の類語や類義語・言い換え

「腹一杯」の類語や類似を紹介します。

  • 「満腹」【まんぷく】
  • 「満喫」【まんきつ】

「満腹」【まんぷく】

「満腹」「お腹がいっぱいになること」「お腹が空いていないこと」を意味します。

「さっき食べたばかりで、まだ満腹だ」という文章には、「食事を摂ったばかりで、まだ腹がいっぱいだ」という意味があります。

「満腹になるまで食事をする」などという使い方をします。

「満喫」【まんきつ】

「満喫」「存分に飲み食いすること」を意味します。

また「十分に楽しむこと」という意味があります。

「散歩を満喫する」という文章は、「散歩を十分に楽しんでいる」ことを意味します。

icon まとめ

「腹一杯」という言葉について見てきました。

たくさん食べて、もうこれ以上、腹に入らないことを、一言で言い表す時、思う存分何かをしたと感じた時、「腹一杯」という言葉を使ってみましょう。