意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「満腹」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「満腹」の表現は、誰もが当たり前の表現として「満腹になった・満腹で苦しい」というような文章で日常的に使っていますが、具体的にどのような意味を持っているのでしょうか?

「満腹」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、分かりやすく解説していきます。

Meaning-Book
「満腹」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「満腹」とは?
  • 「満腹」の表現の使い方
  • 「満腹」を使った例文と意味を解釈
  • 「満腹」の類語や類義語


「満腹」とは?

「満腹」という表現は、「たくさん食べてお腹がいっぱいになること」「それ以上食べられないほどお腹が十分に膨れること」を意味しています。

また「満腹の」という形で表す場合には、「心からの・満身の」という意味を持つことになります。

例えば、「満腹の感謝の気持ちを伝えました」といった文章で、「満腹の」の表現を使用できます。

  • 「満腹」の読み方

「満腹」の読み方

「満腹」の読み方は、「まんぷく」になります。



「満腹」の表現の使い方

「満腹」の表現の使い方は、「たくさん食べてお腹がいっぱいになった場合」「これ以上食べられないほどいっぱい食べた時」に使うという使い方になります。

例えば、「晩ご飯の前にハンバーガーも食べていたので、本当に満腹になりました」といった文章で、「満腹」の表現を適切に使うことができます。

また「満腹の」という形で、「心からの・全力の・満身の」という意味で使う使い方もあります。

例えば、「お世話になったあの人に、満腹の謝意を表しておきたかったのです」といった文章で使用することができます。

「満腹」を使った例文と意味を解釈

「満腹」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「満腹」を使った例文1
  • 「満腹」を使った例文2

「満腹」を使った例文1

「空腹が満たされて満腹になれば、人は怒りや悲しみの感情を感じにくくなる傾向があります」

この「満腹」を使った例文では、「満腹」という表現が「たくさん食べて、お腹がいっぱいになる」という意味合いで使われています。

「満腹」を使った例文2

「私は満腹の敬意を込めて、長年の間、お世話になった社長にお礼の手紙を書いたのです」

この「満腹」を使った例文は、「心からの敬意・全力の敬意・ありったけの敬意」という意味のニュアンスで、「満腹の」という修飾語的な表現が使用されています。



「満腹」の類語や類義語

「満腹」の類語・類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「腹一杯・たらふく」
  • 「くちい・心から」

「腹一杯・たらふく」

「満腹」という表現は、「たくさん食べて腹一杯になること」「これ以上食べられないくらいにたらふく食べること」を意味しています。

「たらふく」という表現は、「たくさん飲み食いをすること」を意味しています。

この意味合いから、「満腹」とほぼ同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「腹一杯・たらふく」を指摘できます。

「くちい・心から」

「くちい」という形容詞の表現は、「苦しいほどにお腹一杯になっている様子・満腹なさま」を意味しています。

「満腹の」に相当する「心から」というのは、「本心から・本当に・精一杯」などを意味している表現です。

それらの意味から、「満腹」と近しい似た意味を持つ類義語として、「くちい・心から」という表現を上げられます。

icon まとめ

この記事で解説した「満腹」の表現には、「たくさん食べてお腹がいっぱいになること」「いっぱい食べて、これ以上ないほどお腹が膨れること」などの意味があります。

「満腹」の類語・類義語として、「腹一杯・たらふく」「くちい・心から」などがあります。

「満腹」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。