意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「窺い知る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「窺い知る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「窺い知る」という言葉を使った例文や、「窺い知る」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「窺い知る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「窺い知る」とは?意味
  • 「窺い知る」の表現の使い方
  • 「窺い知る」を使った例文や短文など
  • 「窺い知る」の類語や類義語・言い換え


「窺い知る」とは?意味

「窺い知る」には、「すでに分かっていることをもとにして推察するすること」「だいたいの見当をつけ察知すること」という意味があります。

  • 「窺い知る」の読み方

「窺い知る」の読み方

「窺い知る」の読み方は、「うかがいしる」になります。



「窺い知る」の表現の使い方

「窺い知る」の表現の使い方を紹介します。

「窺い知る」は、「すでに分かっていることをもとにして推察するすること」「だいたいの見当をつけ察知すること」ことを意味します。

そこで、何か分かっていることをもとに、何かを推測し、大体のことを知った時、「窺い知る」という言葉を使ってみましょう。

例えば、独身の友達の家に遊びに行くとします。

部屋の散らかりようや、皿をきちんと洗っているか、洗濯物の様子などは、すぐに目に入ってくるでしょう。

その様子から、友達が普段どのような生活を送っているか、どの程度の頻度で家事をしているかを推測し、あらましを知れるのではないでしょうか。

このような様子を「一人暮らしの友達の家に行き、部屋の様子を見て、日頃の生活の様子を窺い知る」などと、「窺い知る」という言葉を使って文章にできます。

「窺い知る」を使った例文や短文など

「窺い知る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「窺い知る」を使った例文1
  • 「窺い知る」を使った例文2

「窺い知る」を使った例文1

「顔のしわを見て、その人の苦労を『窺い知る』」

この例文はある人の顔に走っているしわを見て、その人の苦労を推測し、あらましを知るという意味があります。

このように「窺い知る」には、「すでに分かっていることをもとにして推測し、あらましを知る」「だいたいの見当をつける」という意味があります。

しわが深い人は、苦労を重ねた人生なのではないか、などと経験的に推測できるかもしれません。

「窺い知る」を使った例文2

「綺麗な顔から『窺い知る』のは難しいが、とても辛い経験をしている」

この例文は、とても綺麗な顔をしている女性が、実はとても辛い経験をしているという文章になります。

しかしこの女性は、苦労を表に出さないよう、身だしなみをきちんと整えているため、辛い思いを、「窺い知る」のが難しいようです。



「窺い知る」の類語や類義語・言い換え

「窺い知る」の類語や類似を紹介します。

  • 「感じる」【かんじる】
  • 「察する」【さっする】

「感じる」【かんじる】

「感じる」「心の中にある種の感情を持つこと」という意味があります。

「悲しいと感じる」という文章は「心の中に悲しいという種類の気持ちを持つこと」を意味します。

「察する」【さっする】

「察する」「隠された事情などを、外に現れた様子から感じ取ること」「 他人の様子などから判断して、気持ちを思いやることや同情すること」「 詳しく調べること」という意味があります。

「表情から、内面を察する」などという使い方をします。

icon まとめ

「窺い知る」という言葉について見てきました。

すでに分かっていることをもとにして推測し、あらましを知ることや、だいたいの見当をつけることを言葉にする時、「窺い知る」という言葉を使ってみましょう。