意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「乱用」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「乱用」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「乱用」という言葉を使った例文や、「乱用」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「乱用」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「乱用」とは?意味
  • 「乱用」の表現の使い方
  • 「乱用」を使った例文や短文など
  • 「乱用」の類語や類義語・言い換え


「乱用」とは?意味

「乱用」には、「一定の基準や限度などを越えて、不適切またはむやみに使うこと」という意味があります。

  • 「乱用」の読み方

「乱用」の読み方

「乱用」の読み方は、「らんよう」になります。



「乱用」の表現の使い方

「乱用」の表現の使い方を紹介します。

「乱用」は、「一定の基準や限度などを越えて、不適切またはむやみに使うこと」を意味します。

そこで、何かを一定の基準や限度を越えて、むやみに使う様子を見た時、「乱用」という言葉を使ってみましょう。

例えば、流行している若者言葉があります。

会話の中に、そのような言葉をはさむと、会話が生き生きしてくるかもしれません。

しかし、あまりにもむやみに使うと、相手からしつこいと思われてしまうかもしれません。

このような状態を、「流行している若者言葉を乱用し、相手に嫌な思いをさせる」などと、「乱用」を使って説明できます。

「乱用」を使った例文や短文など

「乱用」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「乱用」を使った例文1
  • 「乱用」を使った例文2

「乱用」を使った例文1

「薬物を『乱用』すると、心身にダメージがある」

この例文は、薬物を一定の基準を越えて使うと、体や心にダメージが残ってしまうという文章になります。

このように「乱用」には、「一定の基準や限度などを越えて、不適切またはむやみに使うこと」という意味があります。

薬には決められた使用量がパッケージなどに記載させれているため、乱用せず使用量を守ることが大切かもしれません。

「乱用」を使った例文2

「一発ギャグを『乱用』すると、すぐに飽きられる」

この例文は、一発ギャグが広く認知された芸人についての文章になります。

このようなギャグは、言えば確実に受けるため、つい言いたくなるかもしれません。

しかし、限度を越えるほど言ってしまうと、視聴者に飽きられてしまうかもしれません。

一発ギャグの「乱用」はしないほうがいいのかもしれません。



「乱用」の類語や類義語・言い換え

「乱用」の類語や類似を紹介します。

  • 「乱発」【らんぱつ】
  • 「多用」【たよう】

「乱発」【らんぱつ】

「乱発」には、「紙幣・証券などをむやみに多く発行すること」という意味があります。

また「弾丸や矢などを、無茶苦茶に発射すること」を意味します。

「国債を乱発する」などという使い方をします。

「多用」【たよう】

「多用」には、「やるべきことが多い、忙しい、多忙」という意味があります。

また「多く用いること、多く使う」を意味します。

「英語を多用する人」「はやり言葉を多用する人」などという使い方をします。

icon まとめ

「乱用」という言葉について見てきました。

一定の基準や限度などを越えて、むやみに使うことを一言で言い表す時、「乱用」という言葉を使ってみましょう。