意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「乱発」とは?意味や使い方!例文や解釈

「乱発」とは、「紙幣・証券などをむやみに多く発行すること」などを意味する言葉です。

「乱発」「意味・読み方・語源や漢字・使い方・乱発を使った言葉・例文と解釈・反対語・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

乱発

Meaning-Book
「乱発」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「乱発」とは?
  • 「乱発」の表現の使い方
  • 「乱発」を使った言葉と意味を解釈
  • 「乱発」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「乱発」の反対語
  • 「乱発」の類語や類義語・言い換え
  • 「乱発」の英語と解釈

「乱発」とは?

「乱発」という言葉は、「紙幣・国債・証券などをむやみに多く発行すること」「銃弾・弓矢などを無茶苦茶に発射すること」を意味しています。

「乱発」という表現は、「目的を定めずに通貨・証券などを大量発行すること」「狙いを定めずに銃弾・弓矢をランダムに発射(乱射)すること」を意味しているのです。

  • 「乱発」の読み方
  • 「乱発」の語源や漢字

「乱発」の読み方

「乱発」の読み方は、「らんぱつ」になります。

「乱発」の語源や漢字

「乱発」の語源は、その漢字の語源的な意味や成り立ちから考えることができます。

「乱発」「乱」という漢字の語源的な意味は、「みだれる・みだす・みだりに・やたらと」になります。

「乱」の成り立ちは、「糸を上と下からひっぱる乱れた象形」「乱れた糸の端の象形」から、「みだれる・みだれ」を意味する会意兼形声文字にあります。

「発」の漢字の語源的な意味は、「放つ・弓を射る(銃を撃つ)・起こる・ひらく・あばく」などになります。

「乱+発=乱発」で、「みだりに(やたらと)発行すること」「闇雲に弓を射ること(銃を撃つこと)」を意味することになったのです。

「乱発」の表現の使い方

「乱発」の表現の使い方は、「通貨・国債・証券などをむやみに大量に発行する場合」に使うという経済分野での使い方になります。

例えば、「通貨を乱発する量的金融緩和によって、企業はお金を借りやすくなりますが、国債の借金が増える副作用もあります」といった文章で使えます。

また「銃弾や弓矢を闇雲に乱射する時」にも、「乱発」という表現を使います。

例えば、「マシンガンを乱発した男は、元海兵隊の軍人でした」といった文章で、「乱発」の表現を使用することができるのです。

「乱発」を使った言葉と意味を解釈

「乱発」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「通貨(国債)の乱発」
  • 「銃弾の乱発」
  • 「禁じ手の乱発」

「通貨(国債)の乱発」

「通貨(国債)の乱発」という言葉は、「通貨(国債)をやたらと多く発行すること」を意味しています。

例えば、「通貨(国債)の乱発は、景気対策としては副作用のリスクがあるやり方です」といった文章で使えます。

「銃弾の乱発」

「銃弾の乱発」という表現は、「拳銃・自動小銃などを狙いをつけずに無茶苦茶に乱射すること」を意味しています。

例えば、「こんな市街地で銃弾の乱発が起これば、大惨事になります」といった文章で使えます。

「禁じ手の乱発」

「禁じ手の乱発」という表現は、「一般的に使うべきではないとされている方法・手段をやたらと多く使うこと」を意味しています。

例えば、「禁じ手の乱発によって、社長は株主からの信用を失いました」といった文章で使用できます。

「乱発」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「乱発」を使った例文や短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「乱発」を使った例文1
  • 「乱発」を使った例文2

「乱発」を使った例文1

「政府が通貨の乱発を続けたことによって、貨幣価値を落としてしまいました」

この「乱発」を使った例文は、「政府が通貨をやたらに大量に発行し続けたことによって、貨幣価値を落としてしまった」ということを意味しています。

「乱発」を使った例文2

「その大軍は弓矢を空中に乱発して、敵の動きを牽制しました」

この「乱発」を使った例文は、「その大軍は弓矢を空中に無茶苦茶(ランダム)に発射して、敵の動きを牽制した」ということを意味しています。

「乱発」の反対語

「乱発」の反対語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「目的を定めた発行・狙いを定めた発射」

「目的を定めた発行・狙いを定めた発射」

「乱発」には辞書に記載される正式な反対語はありませんが、その意味から「目的を定めた発行・狙いを定めた発射」「乱発」の反対語(対義語)として考えることができます。

「乱発」というのは、「むやみやたらに通貨・証券を発行すること」ですから、その反対の意味の言葉は「目的を定めた(適度な)発行」になります。

また、「乱発」には「銃弾・弓矢の闇雲な発射」の意味もありますが、それと反対の意味を持つ反対語は「狙いを定めた発射」になるでしょう。

「乱発」の類語や類義語・言い換え

「乱発」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「多用・闇雲な発行」
  • 「乱用(濫用)・ランダムな発射(乱射)」
  • 「頻発・頻繁に使う」

「多用・闇雲な発行」

「乱発」の類義語・言い換えとして、「多用・闇雲な発行(やみくもなはっこう)」があります。

「乱発」というのは、「紙幣・証券などを無計画に大量発行して多用すること」「闇雲に(やたらに)紙幣・証券を発行すること」を意味しています。

それらの意味合いから、「乱発」と良く似た意味を持つ類義語として、「多用・闇雲な発行」が上げられます。

「乱用(濫用)・ランダムな発射(乱射)」

「乱発」の類語・言い換えとして、「乱用(濫用)・ランダムな発射(乱射)」があります。

「乱発」という表現は、「やたらと多く、紙幣・証券などをみだりに乱用(濫用)すること」「弾丸・弓矢をランダムに(でたらめに)発射すること」を意味しています。

それらの意味から、「乱発」の表現は「乱用(濫用)・ランダムな発射(乱射)」という表現に言い換えることができるのです。

「頻発・頻繁に使う」

「乱発」の類義語・言い換えとして、「頻発・頻繁に使う」があります。

「乱発」という表現は、「紙幣・証券などをやたらに発行して頻繁に使うこと」「紙幣・証券の増刷(ぞうさつ)を頻発すること」を意味しています。

その意味から、「乱発」と近しい似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「頻発・頻繁に使う」という表現を指摘することができます。

「乱発」の英語と解釈

乱発 meaning in english

「乱発」という言葉は、“overissue”(紙幣・証券などを乱発する)や“random(reckless) firing”(弾丸・弓矢のランダムな発射・乱発)、“an excessive issue of currency”(通貨の乱発・過剰発行)といった英語で表現することができます。

  • “An excessive issue of currency disrupted the economy.”

“An excessive issue of currency disrupted the economy.”

「乱発」という言葉を使ったこの英語の例文は、「通貨(お金)の乱発が、経済を混乱させました」ということを意味しています。

icon まとめ

「乱発」という言葉について徹底的に解説しましたが、「乱発」には「紙幣・証券などをよく考えずに多く発行すること」「弾丸・矢などを無茶苦茶に発射すること」などの意味があります。

「乱発」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「多用・闇雲な発行」「乱用(濫用)・ランダムな発射」「頻発・頻繁に使う」などがあります。

「乱発」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。