意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「特化」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

ビジネスで「特化」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、類語や例文なども併せて紹介します。

Meaning-Book
「特化」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「特化」の意味
  • 「特化」の表現の使い方
  • 「特化」を使った例文と意味を解釈
  • 「特化」の類語や類義語


「特化」の意味

「特化」の意味は「ある特定のジャンルに限定して商売をすること」です。

ビジネス用語として使われることが多く、企業が業務内容を限定して、とあるジャンルに対して品ぞろえを豊富にしたり手厚いサービスをすることを言います。

例えばアパレルショップでデニムのアイテム中心に販売していたり、豆腐を使ったメニューのみを提供するレストランなど何か一つに絞って商売をすることを言います。

  • 「特化」の読み方
  • 「特化」の言葉の成り立ち
  • 「特化」と「差別化」との違い

「特化」の読み方

「特化」の読み方は、「とっか」になります。

「とくか」と読み間違わない様にしましょう。

「特化」の言葉の成り立ち

「特化」「特」「他のものと区別する」「特別なこと」という意味です。

「化」「ばける」とも読み「主に他の言葉に付き、その様なことや状態に変わる、変えること」という意味です。

これらの言葉が組み合わさり「他のものと区別する様なものに変えること」とい意味で使われています。

「特化」と「差別化」との違い

同じビジネス用語で「特化」「差別化」の使い方に悩むことがあります。

「特化」「一つのジャンルに絞ってより専門性を高めて商売をすること」という意味です。

「差別化」「同業他社に対して、違いや特徴を際立たせて商売をすること」という意味です。

2つの言葉の違いは「取り扱う内容と戦略」という点です。



「特化」の表現の使い方

「特化」の表現の使い方を紹介します。

  • 文法的な使い方
  • 専門知識を持つことを表す

文法的な使い方

「特化」は名詞ですので、文末に使う時には「特化する」と動詞を伴います。

通常は形容動詞として「特化である・特化だ」と使われることはありません。

専門知識を持つことを表す

「特化」は限定された分野にターゲットを絞って商売をすることです。

そのジャンルにおける品ぞろえはもちろん、スタッフには専門知識も求められます。

「特化」を使った例文と意味を解釈

「特化」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「特化」を使った例文1
  • 「特化」を使った例文2

「特化」を使った例文1

「高齢者のニーズに特化した商品を開発するべきだと思う」

若者向けの商品やサービスで、高齢者向けのものを開発すれば、新たな顧客層を開拓できると言っています。

「特化」を使った例文2

「Tシャツに特化したセレクトショップを開いて大成功した」

今まで色々なアイテムを扱っていたショップが、Tシャツをメインにしたところ、大幅に売り上げが増えたことを表しています。



「特化」の類語や類義語

「特化」の類語や類義語を紹介します。

  • 「独特」【どくとく】
  • 「ニッチ」

「独特」【どくとく】

「そのものだけが特別持っている性質や雰囲気」という意味です。

「ニッチ」

「大企業が扱わない様な小さい規模の市場で特定のニーズに目を付けること」という意味です。

icon まとめ

「特化」「ある特定のジャンルに限定して商売をすること」という意味です。

一つの内容に絞って専門性で勝負している企業に対して使いましょう。