意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「独特」とは?意味や使い方!例文や解釈

「独特」とは、「そのものだけが特別に持っていること」などを意味する言葉です。

「独特」「意味・読み方・使い方・独特を使った言葉・例文と解釈・独特と特有の意味の違い・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

Meaning-Book
「独特」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「独特」とは?
  • 「独特」の表現の使い方
  • 「独特」を使った言葉と意味を解釈
  • 「独特」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「独特」と「特有」の意味の違い
  • 「独特」の類語や類義語・言い換え
  • 「独特」の英語と解釈


「独特」とは?

「独特」という表現は、「他のものにはなくて、そのものだけが特別に持っていること」を意味しています。

また「独特」には、「その人だけが特別に習得していて、他の人には簡単には真似できないこと」といった意味合いもあります。

「独特」というのは、「他のものにはなくてそのものだけにある特別なこと」「そのものだけにある際立っている特徴・傾向」を意味する表現なのです。

  • 「独特」の読み方

「独特」の読み方

「独特」の読み方は、「どくとく」になります。



「独特」の表現の使い方

「独特」の表現の使い方は、「他のものにはなくて、そのものだけが特別に持っている特徴・傾向」を意味して使うという使い方になります。

例えば、「彼は独特な気取ったジェスチャーをすることが多いので、大勢の人がいても目立ちます」といった文章で使用することができます。

更に「独特」という表現は、「その人だけが習得している、他の人が全く及ばない特技・技芸」を指示して使われることもあります。

「独特」を使った言葉と意味を解釈

「独特」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「独特な風貌」【どくとくなふうぼう】
  • 「独特な口調」【どくとくなくちょう】
  • 「独特な雰囲気」【どくとくなふんいき】

「独特な風貌」【どくとくなふうぼう】

「独特な風貌」という表現は、「他の人には見られない特別な容姿・顔つきの感じ」を意味しています。

例えば、「輪郭が鋭すぎる独特な風貌に、子供時代にはコンプレックスを持っていましたが、今ではこの顔つきが気に入っています」といった文章で使用できます。

「独特な口調」【どくとくなくちょう】

「独特な口調」という言葉は、「他の人にはないその人だけに見られる特別な言い方・話すリズム・言葉遣い」を意味しています。

例えば、「彼のゆったりとしていて落ち着いている独特な口調は、彼の話を聞く人たちに安心感と信頼感を与える効果がありました」といった文章で使うことができます。

「独特な雰囲気」【どくとくなふんいき】

「独特な雰囲気」という表現は、「他のもの(他の人)にはない、周囲に与える特別な印象・感じ・空気感」などを意味しています。

例えば、「彼女は客観的に見れば美人でしたが、どこか人を寄せ付けない独特な雰囲気を常に身にまとっていたのです」といった文章で使われます。



「独特」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「独特」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「独特」を使った例文1
  • 「独特」を使った例文2

「独特」を使った例文1

「先生の独特な風貌とその厳かな雰囲気は、先生が凡庸な人物ではないことを分かりやすく周囲に知らしめていました」

この「独特」を使った例文は、「先生の他の人にはない特別な容姿・顔つきとその威厳がある雰囲気は、先生が平凡な並の人物ではないことを分かりやすく周囲に知らしめていた」ということを意味しています。

「独特」を使った例文2

「彼女は大学時代から独特なファッションセンスを持っていて、そのセンスが評価されて服飾デザイナーとしての道を歩むことになりました」

この「独特」を使った例文は、「彼女は大学時代から他の人にはない彼女だけの特別なファッションセンスを持っていて、そのセンスが評価されて服飾デザイナーとしての道を歩むことになった」ということを意味しています。

「独特」と「特有」の意味の違い

「独特(どくとく)」「特有(とくゆう)」の意味の違いは、「独特」という表現は「他のものにはない特別な特徴・雰囲気」を意味していて、どこかネガティブな意味のニュアンスがあるということです。

例えば、「特有の価値観」の言葉には特別にネガティブなニュアンスはありませんが、「独特な価値観」という言葉には「他の人から受け入れられない(嫌われやすい)価値観」というネガティブなニュアンスが潜在的に込められているという違いがあるのです。

「特有」という表現は「そのものやその集合だけが特別に持っていること、持っているもの」を意味していますが、「日本特有の文化」「女性特有の感性」というように「生来的に特別に持っていて変えられない」という意味のニュアンスがあります。

「特有」には「独特」と違って、「その特別な特徴・傾向などを変えられない、治せない」といった意味のニュアンスがあるのです。

「独特」の類語や類義語・言い換え

「独特」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「特有」【とくゆう】
  • 「固有」【こゆう】
  • 「独自」【どくじ】

「特有」【とくゆう】

「独特」の類義語・言い換えには、「特有」という表現があります。

「特有」という表現は、「そのもの(その人)やその集団だけが特別に持っていること、持っているもの」という意味があります。

その意味合いから、他のものにはないそのものだけの特徴を意味する「独特」の表現は、「特有」という表現で言い換えることが可能なのです。

「固有」【こゆう】

「独特」の類語・言い換えとして、「固有」があります。

「固有」という表現は、「そのものだけにあって他のものにはないこと・特有であるさま」を意味しています。

その意味合いから、そのものだけに特別にあることを示す「独特」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「固有」という表現を指摘できます。

「独自」【どくじ】

「独特」の類義語・言い換えとして、「独自」という表現があります。

「独自」という言葉は、「他と違っていてそのものだけにあること・独特なさま」を意味しています。

その意味合いから、他のものにないそのものだけの特徴があることを意味する「独特」という表現は、「独自」という表現で言い換えることができるのです。

「独特」の英語と解釈

「独特」という言葉を英語で書き表すと、以下のようになります。

“unique”(ユニークな・特有の・唯一・独特)

“distinctive”(他とは違っている・特有の・独特な)

“peculiar”(独特な・特有の・他とは異なる)

  • “She has a unique(peculiar) style of English conversation.”

“She has a unique(peculiar) style of English conversation.”

「独特」を使ったこの英語の例文は、「彼女の英会話には、独特なスタイル(話し方)があります」ということを意味しています。

icon まとめ

「独特」という言葉について徹底的に解説しましたが、「独特」には「そのものだけが特別に持っていること」などの意味があります。

「独特」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「特有」「固有」「独自」などがあります。

「独特」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。