意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「独特の雰囲気」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「独特の雰囲気」という表現を使ったことがあるでしょうか。

ここでは「独特の雰囲気」という表現について詳しく紹介していきます。

独特の雰囲気

Meaning-Book
「独特の雰囲気」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「独特の雰囲気」とは?
  • 「独特の雰囲気」の表現の使い方
  • 「独特の雰囲気」を使った例文と意味を解釈
  • 「独特の雰囲気」の類語や類義語


「独特の雰囲気」とは?

「独特の雰囲気」というのは際立っている様子、不思議な雰囲気、外では見かけないような輝き、存在感、という意味になります。

「独特」という表現にはそのものだけが有していること、そのものだけが特別に持っていること、という意味であり、「雰囲気」というのはその場を満たしている一般的な気分や空気という意味になります。

つまり、「独特の雰囲気」というのはその人だけが持っている特殊な空気という意味になり、「独特のオーラ」などと言われることもあります。

  • 「独特の雰囲気」の読み方

「独特の雰囲気」の読み方

「独特の雰囲気」「どくとくのふんいき」と読みます。

恋愛を楽しみたいと思っているという人の中には、「あの女性は独特の雰囲気を持っている」「あの男性は独特のオーラを持っている」などと使った経験がある人もいるのではないでしょうか。



「独特の雰囲気」の表現の使い方

「独特の雰囲気」という表現はその人だけが有している空気、という意味になります。

他の人が持っていない、その人特有な、などという雰囲気はまさに「独特の雰囲気」と言えるでしょう。

例えば、人によっては存在感がなく、喋らなければそこに入ることさえわからないという人もいるかもしれません。

しかし人によってはとても存在感があり、たとえ何も発言しなかったとしてもそこにいるだけで存在感があるという人もいますよね。

このような空気が「独特の雰囲気」になります。

「独特の雰囲気」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「独特の雰囲気」を使った例文1
  • 「独特の雰囲気」を使った例文2

「独特の雰囲気」を使った例文1

「あの女性は独特の雰囲気を持っていて、とても存在感がありました」

合コンなどに行くと、たとえ話さなかったとしても独特のオーラがある、なんだか他の人と風格が違う、と感じる人に出会えるかもしれません。

確かに、どこにでもいるような人にはなかなか魅力を感じないかもしれませんが、滅多に出会えないような人、今まで見たことがないような人には魅力を感じるかもしれませんね。

「独特の雰囲気」を使った例文2

「上司が独特の雰囲気の持ち主で、いまだにどのように接したら良いのかわかりません。」

若い人が同年代の人に対して独特の雰囲気という表現を使うことが珍しくありませんが、上司に対して使うこともあるかもしれません。

上司が独特の雰囲気を持っているが故に、どのように接したらよいのかわからないなどと悩む人もいるかもしれませんね。

独特の雰囲気という事は他にはない雰囲気を持っているという事ですので、今まで接したことがないような人だと悩んでしまうかもしれません。



「独特の雰囲気」の類語や類義語

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「異様な雰囲気」【いようなふんいき】
  • 「強い印象」【つよいいんしょう】

「異様な雰囲気」【いようなふんいき】

「異様な雰囲気」というのは際立っている様子という意味です。

お互いに不愉快になるような雰囲気、などとネガティブな意味で使われることがあります。

「強い印象」【つよいいんしょう】

「強い印象」というのは心に残るような印象がある、痛感する、という意味です。

「印象が強い」と言われることもあり、これは鮮烈なイメージに衝撃を受ける様子、という意味があります。

icon まとめ

「独特の雰囲気」を持っている人は周りに強い印象を与えます。

合コンなどでは不思議な存在かもしれませんね。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。