意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ノーカウント」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「ノーカウント」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「ノーカウント」という言葉を使った例文や、「ノーカウント」の類語を紹介して行きます。

ノーカウント

Meaning-Book
「ノーカウント」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「ノーカウント」とは?意味
  • 「ノーカウント」の表現の使い方
  • 「ノーカウント」を使った例文や短文など
  • 「ノーカウント」の類語や類義語・言い換え


「ノーカウント」とは?意味

「ノーカウント」には、「スポーツ競技などで、得失点などを計算に入れないこと」という意味があります。

また「数えないこと、勘定に入れないこと、 無かったことにすること」を意味します。



「ノーカウント」の表現の使い方

「ノーカウント」の表現の使い方を紹介します。

「ノーカウント」は、「スポーツ競技などで、得失点などを計算に入れないこと」を意味します。

例えば、サッカーの試合をしている時に、客席などからビーチボールがピッチに入ってくることがあります。

この間に選手が得点を決めても、得失点に数えないことがあります。

このような様子を、「ビーチボールがピッチに入ったため、得点は『ノーカウント』になった」などと、「ノーカウント」を使った文章にできます。

また「ノーカウント」は、「数えないこと、勘定に入れないこと、 無かったことにすること」を意味します。

例えば職場の誰かが小さなミスをしたとしても、悪気が無い様だったら、ミスとして数えないかもしれません。

このような時、「今回のミスは、ノーカウントだ」などと、「ノーカウント」を使った文章にできます。

「ノーカウント」を使った例文や短文など

「ノーカウント」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「ノーカウント」を使った例文1
  • 「ノーカウント」を使った例文2

「ノーカウント」を使った例文1

「投手が投げたボールはストライクに見えたが、審判がタイムを掛けていたため『ノーカウント』になった」

この例文は、野球の試合で投手が投げたボールがストライクゾーンに入ったが、直前に審判がタイムを取っていたため、ストライクに数えなかったという文章になります。

このように「ノーカウント」には、「スポーツ競技などで、得失点などを計算に入れないこと」という意味があります。

「ノーカウント」を使った例文2

「ダイエット中に食べ過ぎてしまったが、今日は『ノーカウント』にしよう」

この例文は、ダイエット中につい食べ過ぎてしまった人についての文章になります。

本来は食べ過ぎてはいけませんが、落ち込んでもいられないため、「なかったことにしよう」と思った場面になります。

このようい「ノーカウント」「数えないこと、勘定に入れないこと、 無かったことにすること」を意味します。



「ノーカウント」の類語や類義語・言い換え

「ノーカウント」の類語や類似を紹介します。

  • 「無いものとして」【ないものとして】
  • 「無しにする」【なしにする】

「無いものとして」【ないものとして】

「無いものとして」には、「ある物事を最初からなかったものとして破棄すること」という意味があります。

「今回の話は、無いものとして考える」などという使い方をします。

「無しにする」【なしにする】

「無しにする」「無いことにすること」を意味します。

「今の反則は無しにする」などという使い方をします。

icon まとめ

「ノーカウント」という言葉について見てきました。

スポーツ競技などで、得失点を数えないこと、また数えないこと、勘定に入れないことをカタカナ語にしたい時、「ノーカウント」という言葉を使ってみましょう。