意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「忠実忠実しい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「忠実忠実しい」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「忠実忠実しい」という言葉を使った例文や、「忠実忠実しい」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「忠実忠実しい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「忠実忠実しい」とは?意味
  • 「忠実忠実しい」の表現の使い方
  • 「忠実忠実しい」を使った例文や短文など
  • 「忠実忠実しい」の類語や類義語・言い換え


「忠実忠実しい」とは?意味

「忠実忠実しい」には、「骨惜しみせず、良く働く様子」という意味があります。

  • 「忠実忠実しい」の読み方

「忠実忠実しい」の読み方

「忠実忠実しい」の読み方は、「まめまめしい」になります。



「忠実忠実しい」の表現の使い方

「忠実忠実しい」の表現の使い方を紹介します。

「忠実忠実しい」には、「骨惜しみせず、良く働く様子」という意味があります。

そこで、骨惜しみせずに、良く働く様子の人を見た時に、「忠実忠実しい」という言葉を使ってみましょう。

例えば、会社の新入社員の様子を見た時、骨惜しみせず、良く働く社員を見つけられるかもしれません。

そのような社員に対して、「忠実忠実しい、新入社員が配属された」などと、「忠実忠実しい」という言葉を使って言い表してみましょう。

「忠実忠実しい」を使った例文や短文など

「忠実忠実しい」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「忠実忠実しい」には、「骨惜しみせず、良く働く様子」という意味があります。

  • 「忠実忠実しい」を使った例文1
  • 「忠実忠実しい」を使った例文2

「忠実忠実しい」を使った例文1

「『忠実忠実しい』と昔から言われる」

この例文は、ある人が骨惜しみせず良く働く子供だと、昔から言われていたという意味があります。

このように、「忠実忠実しい」には、「骨惜しみせず、良く働く様子」という意味があります。

「忠実忠実しい」のは生まれついての性格なのかもしれません。

「忠実忠実しい」を使った例文2

「『忠実忠実しい』姿で働く人を見ると感動する」

この例文は、骨惜しみせず、良く働く様子の人を、見かけると、心を打たれるという文章になります。

「忠実忠実しい」人を見ると、自分も頑張ろうと、綺麗な気持ちになれるかもしれません。



「忠実忠実しい」の類語や類義語・言い換え

「忠実忠実しい」の類語や類似を紹介します。

  • 「健気」【けなげ】
  • 「真面目」【まじめ】

「健気」【けなげ】

「健気」には「殊勝な様子」「心掛けが良く、しっかりしている様子」という意味があります。

「片親の苦労を思い、家の手伝いをする健気な子供」という文章には、「片方の親で自分を育ててくれる親の苦労を思って、家の手伝いを買って出る、心掛けが良く、しっかりした様子の子供」という意味があります。

「真面目」【まじめ】

「真面目」には「嘘やいい加減な所がなく、真剣なこと」という意味があります。

「真面目な性格の男性」という文章には、「嘘を言わず、いい加減な様子もなく、何にでも真剣に取り組む性格の男性」という意味があります。

icon まとめ

「忠実忠実しい」という言葉について見てきました。

誰かの、骨惜しみせず、良く働く様子を見た時などに、「忠実忠実しい」という言葉を使ってみましょう。