意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「稚気」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「稚気」という言葉を文章の中や色々な小説の中で目にしたことがあるかと思います。

この言葉は、普段の会話の中では、あまり使われることが少ないような気もするのですが、時折、記事やコラムの中で見ることができます。

そこで今回は、この「稚気」にフォーカスを当てて、意味や活用について考えていくことにします。

Meaning-Book
「稚気」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「稚気」の意味
  • 「稚気」の表現の使い方
  • 「稚気」を使った例文と意味を解釈
  • 「稚気」の類語や類義語


「稚気」の意味

「稚気」とは、「子供っぽい様子や気分」「幼っぽい」という意味がある言葉です。

  • 「稚気」の読み方

「稚気」の読み方

「稚気」「ちき」という読み方をしますが、普段使う機会が少ない言葉でもあるので、ここで忘れないようにチェックしておくことにしましょう。



「稚気」の表現の使い方

「稚気」「子供っぽい様子」という意味があるので、成人でも、日頃の行動や振る舞いが子供のような雰囲気が感じられる人を指して使うことがあります。

ある意味、いくつになっても、子供の純粋な性質を持ち続けているという意味で理解することもできますが、「幼なすぎる」というイメージもつきまとう場合もあります。

「稚気」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「稚気」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「稚気」を使った例文1
  • 「稚気」を使った例文2

「稚気」を使った例文1

「2人の間には、稚気溢れる楽しそうな逸話がたくさん残っています」

この例文を眺めていると、どことなく朗らかで微笑ましい雰囲気が漂っています。

ここに出てくる2人は、幼い頃からの友人で、とても無邪気でやんちゃな子供の頃の話がたくさん残っているのでしょう。

何歳になっても、「稚気」溢れる話は懐かしい思い出となっているのかもしれません。

「稚気」を使った例文2

「彼があまりにも稚気なので、周りがびっくりするようなことをしてしまうのだろう」

人を驚かせるようなことは、色々なケースで考えられますが、ここで出て来る「彼」は、あまりの「稚気」のために、彼の行動や発言に対して、驚いているように思えます。

見た目はとても凛々しく見える「彼」なのですが、外見とは大きくかけ離れているように「稚気」なのでしょう。



「稚気」の類語や類義語

「稚気」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「幼稚」【ようち】
  • 「無邪気」【むじゃき】

「幼稚」【ようち】

「幼稚」「稚気」と同じような意味を持つ類義語となります。

「年齢が幼いこと」「子供であること」という意味に加えて、「考え方・やり方が未発達で子供っぽいこと」という解釈もできます。

「無邪気」【むじゃき】

「無邪気」「稚気」の類義語になりますが、「性質や気持ちなどが不純でなく素直なこと」「あどけなく可愛いこと」という意味になります。

icon まとめ

「稚気」という言葉は「子供っぽい」という意味がありますが、言葉の流れによっては、いい意味で解釈できたり、「幼さ過ぎる」というマイナス的な受け止め方もあるので、そのシチュエーションで正しく使えるようにしておくことが必要です。