意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「幼稚」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「幼稚」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「幼稚」という言葉を使った例文や、「幼稚」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「幼稚」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「幼稚」とは?
  • 「幼稚」を使った例文や短文など
  • 「幼稚」の類語や類義語・言い換え


「幼稚」とは?

「幼稚」という言葉を知っているでしょうか。

「幼稚な人」の顔が、頭に浮かんだ人もいるでしょう。

一方で、「幼稚」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「幼稚」という言葉の意味を紹介します。

  • 「幼稚」の読み方
  • 「幼稚」の意味

「幼稚」の読み方

「幼稚」「ようち」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「幼稚」「ようち」と読みましょう。

「幼稚」の意味

「幼稚」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「幼稚」には、「年齢が幼いこと」という意味があります。

子供は年齢が幼いため、「幼稚」と言えます。

また「幼稚」には、「考えややり方が、未発達なこと」という意味があります。

大人なのに、子供のような考え方ややり方をする人は、「幼稚な人」かもしれません。



「幼稚」を使った例文や短文など

次に「幼稚」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「幼稚」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「幼稚」を使った例文1
  • 「幼稚」を使った例文2

「幼稚」を使った例文1

「大人なの癖に『幼稚』だと良く言われる」

この例文のように、大人と呼ばれる年齢になったのに、やたらと「幼稚」だと言われる人がいるかもしれません。

子供の時のような考えを持ち、同じような振る舞いをしていると、「幼稚」と言われてしまうかもしれません。

「幼稚」を使った例文2

「『幼稚』な考えの彼氏を可愛いと感じる」

この例文に登場する男性は、かなり子供っぽい考え方をする人でしょう。

一般的な女性は、「幼稚な男性」を嫌いますが、母性が強いタイプの人は、「幼稚」な人を可愛いと思います。

まるで子供を育てるように、彼を成長させたいと思うかもしれません。

「幼稚」の類語や類義語・言い換え

「幼稚」の類語や類似表現を紹介します。

「幼稚」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「幼い」【おさない】
  • 「未熟」【みじゅく】

「幼い」【おさない】

「幼い」という言葉には、「成長の程度が一人前と呼ぶ基準に満たない」という意味があります。

「幼い態度を取る」という時は、とても一人前と呼ぶのには程遠い、態度を取るという意味になります。

「未熟」【みじゅく】

「未熟」という言葉には、「果物が十分に熟していない様子」という意味があります。

また「学問や技術などの経験や習練が十分でない様子」という意味もあります。

「未熟な柿」「未熟な生徒」などという使い方をします。



icon まとめ

「幼稚」という言葉について見てきました。

年齢が幼い人を見た時、また考えややり方が未発達だと感じた時に、「幼稚」という言葉を使ってみましょう。