意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「中る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「中る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「中る」という言葉を使った例文や、「中る」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「中る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「中る」とは?意味
  • 「中る」の表現の使い方
  • 「中る」を使った例文や短文など
  • 「中る」の類語や類義語・言い換え


「中る」とは?意味

「中る」には「物事や人が、直面したり、接触すること」という意味があります。

  • 「中る」の読み方

「中る」の読み方

「中る」の読み方は、「あたる」になります。



「中る」の表現の使い方

「中る」の表現の使い方を紹介します。

「中る」には物事や人が、直面したり、接触すること」という意味があります。

そのため、物事や人が、何かに直面したり、接触する様子を見た時に、「中る」という言葉を使ってみましょう。

例えば、誰かが投げたボールが、誰かの顔に接触することがありかもしれません。

この様子を、「ボールが顔に中る」と、「中る」を使った文章にできます。

このように様々な物や人が、直面したり、接触する様子を、「中る」という言葉を使って表現してみましょう。

「中る」を使った例文や短文など

「中る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「中る」を使った例文1
  • 「中る」を使った例文2

「中る」を使った例文1

「全力で投げたボールが、的のど真ん中に『中る』」

この例文は、的をめがけて全力で投げたボールが、見事、的のど真ん中に触れたという場面になります。

このように、「中る」には「物事や人が、直面したり、接触すること」という意味があります。

コントロールして「中る」のではなく、全力で投げて「中る」のは素晴らしいでしょう。

「中る」を使った例文2

「バッターの打球が走者に『中り』アウトになる」

この例文は、ランナーが出塁している状態で、打者が内野ゴロを打った場面になります。

内野ゴロが、走者の足に接触すると、守備妨害でアウトになりますが、そのような場面を文章にしたものです。

ヒット性の当たりでも、ランナーの足を直撃してしまえばアウトになってしまうため、走者は打球方向を注意深く見ておく必要があるかもしれません。



「中る」の類語や類義語・言い換え

「中る」の類語や類似を紹介します。

  • 「触れる」【ふれる】
  • 「ぶつかる」

「触れる」【ふれる】

「触れる」には、「ある物が他の物に、軽くくっつく」という意味があります。

「手と手が触れる」という言葉には、「誰かの手と、誰かの手が、軽くくっつく」という意味があります。

他にも「肩と肩が触れる」「髪に触れる」などという使い方をします。

「ぶつかる」

「ぶつかる」には、「ものに突き当たる」「衝突する」という意味があります。

「石にぶつかる」「タンスにぶつかる」などという使い方をします。

また「偶々でくわす」という意味があり、「交通渋滞にぶつかる」などという使い方をします。

icon まとめ

「中る」という言葉について見てきました。

物事や人が、直面したり、接触する様子を見た時、「中る」という言葉を使ってみましょう。