意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「大人げない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「大人げない」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「大人げない」という言葉の理解を深めていきましょう。

大人げない

Meaning-Book
「大人げない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「大人げない」の意味
  • 「大人げない」の表現の使い方
  • 「大人げない」を使った例文と意味を解釈
  • 「大人げない」の類語や類義語


「大人げない」の意味

「大人げない」とは大人としての思慮や分別がないこと、大人らしくないことをいう意味になります。

  • 「大人げない」の読み方

「大人げない」の読み方

「大人げない」の読み方は、「おとなげない」になります。



「大人げない」の表現の使い方

「大人げない」の表現の使い方を紹介します。

「大人げない」「大人げ」とは大人らしさ、大人としての落ち着き、分別という意味になります。

そして下に打ち消しの語をつけていますので大人としての落ち着き、分別がないという意味になるのです。

まるで幼い子どものような言動などを「大人げない行為はやめなさい」「何ですか、大人げない」などと言います。

「大人げない」を使った例文と意味を解釈

「大人げない」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「大人げない」を使った例文1
  • 「大人げない」を使った例文2

「大人げない」を使った例文1

「若い子相手に張り合うなんて、大人げないことをするのはやめなさいな」

自分より若い人と同じ土俵、レベルで張り合うという行動は、大人としての余裕、思慮分別に欠けるということで「大人げない」という言葉を使います。

「大人げない」を使った例文2

「子ども相手に、随分と大人げないことをするものだ」

子ども相手に、むきになる、大人としての優しさ、落ち着きを見せないといったことを「大人げない」と使います。



「大人げない」の類語や類義語

「大人げない」の類語や類義語を紹介します。

  • 「子どもっぽい」【こどもっぽい】
  • 「他愛ない」【たあいない】
  • 「稚拙」【ちせつ】
  • 「幼稚」【ようち】

「子どもっぽい」【こどもっぽい】

「子どもっぽい」とはいかにも子供のようである、大人なのに考え方、行動、表情、服装などが幼いという意味で使います。

「子どもっぽい人だ」「子どもっぽい服装かな」「子どもっぽいことを言わないでよ」などと使います。

「他愛ない」【たあいない】

「他愛ない」とはしっかりしたところがない、幼くて思慮や分別がない、手ごたえがない、取るに足らないという意味があります。

「他愛ない話で時間をもたせた」「他愛ない子供のようだ」などと使います。

「稚拙」【ちせつ】

「稚拙」とは幼稚で未熟なことを言います。

「稚拙な絵だが味わいがある」「稚拙な文章だけど、面白い」「稚拙さが目立つが、個性があっていいね」などと使います。

「幼稚」【ようち】

「幼稚」とは幼いこと、幼少という意味と、考え方、やり方など未熟であることを言います。

「彼はああ見えて、幼稚な人だから冷静な話合いができるかどうか不安だ」「今日は、幼稚な議論をする気はない」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「大人げない」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。