意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「未練」とは?意味や使い方!例文や解釈

「未練」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「未練」という言葉を使った例文や、「未練」の類語を紹介して行きます。

未練

Meaning-Book
「未練」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「未練」とは?
  • 「未練」の表現の使い方
  • 「未練」を使った言葉と意味を解釈
  • 「未練」を使った例文や短文など
  • 「未練」の反対語
  • 「未練」の類語や類義語・言い換え
  • 「未練」の英語と解釈


「未練」とは?

「未練」には、「物事に強いこだわりがあり、思い切れないこと」「あきらめきれないこと」という意味があります。

また「未練」には「熟練していないこと」「未熟」という意味もあります。

ただし一般的には、前者の意味で「未練」という言葉を使うことが多くなっています。

  • 「未練」の読み方

「未練」の読み方

「未練」の読み方は、「みれん」になります。



「未練」の表現の使い方

「未練」の表現の使い方を紹介します。

「未練」には、「物事に強いこだわりがあり、思い切れないこと」「あきらめきれないこと」という意味があります。

そのため、何か思い切れないこと、あきらめきれないことに対して、「未練」という言葉を使ってみましょう。

例えば、ランチを食べている時、ダイエットのために、ご飯を半分残そうと決めます。

しかし、決めたものの、どうしてもご飯が食べたいという執心が残り、思い切れないケースがあります。

このような時、「ダイエットのためにご飯を残そうと思ったが、未練があり、結局食べてしまった」などと、「未練」を使った文章を作れます。

「未練」を使った言葉と意味を解釈

「未練」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「未練たっぷり」【みれんたっぷり】
  • 「未練がましい」【みれんがましい】
  • 「未練たらたら」【みれんたらたら】

「未練たっぷり」【みれんたっぷり】

「未練たっぷり」には、「熱い思いがたくさん残っていて、思い切れないこと」という意味があります。

「バイキングを後にしたが、もっと食べたかったと、未練たっぷりのだった」という文章には、時間制限のためか、健康のためか、早めにバイキングを切り上げたが、もっと食べたいという思いがたくさん残って、思い切れないほどだった」という意味があります。

「未練」が普通よりもたくさんあるような時、「未練たっぷり」という言葉を使ってみましょう。

「未練がましい」【みれんがましい】

「未練がましい」には「いかにもあきらめが悪いこと」という意味があります。

「未練がましい女性は嫌われる」という言葉には、「何をするにも、あきらめが悪く、思い切りが悪い女性は嫌われてしまう」という意味になります。

逆にどのような結果になっても、すぐに切り替えられるタイプの人は、「未練がましくない人」になります。

「未練たらたら」【みれんたらたら】

「未練たらたら」には「未練がましいことを、いつまでも言っていること」という意味があります。

例えば、「彼は、元カノのことを、未練たらたらに話す」という文章には、「ある男性が、元の彼女のことが忘れられず、今でも諦めきれない様子で、彼女についての話をする」という意味になります。



「未練」を使った例文や短文など

「未練」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「未練」を使った例文1
  • 「未練」を使った例文2

「未練」を使った例文1

「会社を辞めることが決まったが、『未練』もなく、スッキリとした気持ちだった」

この例文には、会社を辞めることが決まった人の心境が、心残りもなく、あきらめきれないということもなく、スッキリしていたという意味があります。

自分で転職を決めたのに、元の職場に心残りがある人がいますが、この例文に登場する人は、「未練」がまるでなかったようです。

「未練」を使った例文2

「彼と別れてから半年たち、ようやく『未練』を断ち切れた」

この例文は、男性と別れた女性が、当初は元カレをあきらめ切れない様子があったものの、半年たったことで、多い切れたという文章になります。

恋愛には、「未練」がつきものですが、そのような思い切れない気持ちも、時間が解決してくれるのかもしれません。

「未練」の反対語

「未練」の反対語を紹介します。

  • 「満足」【まんぞく】
  • 「会心」【かいしん】

「満足」【まんぞく】

「満足」には「満ち足りていて、気分爽やかなこと」という意味があります。

「現在の生活に、満足している」という文章には、「現在の生活に、満ち足りていて、気分爽やかだ」という意味があります。

「満足な収入を得る」「彼女に満足している」などという使い方をします。

「会心」【かいしん】

「会心」には、「心にかなう出来栄えで、満足できること」という意味があります。

「会心の作品だ」という言葉には、「心にかなう出来栄えの作品に満足している」という意味があります。

「会心の試合」「会心の戦い」などという使い方をします。

「未練」の類語や類義語・言い換え

「未練」の類語や類似を紹介します。

  • 「残念」【ざんねん】
  • 「心残り」【こころのこり】
  • 「惜しい」【おしい】

「残念」【ざんねん】

「残念」には、「満足できなくて、悔しく諦めきれない事」という意味があります。

「試合に負けて、残念です」という言葉には、「試合に負けたことに対して、満足できないで悔しいです」という意味が込められています。

「別れることになり、残念だ」「もうお開きとは、残念でたまらない」などという使い方をします。

「心残り」【こころのこり】

「心残り」には、「自分の行動に対して後悔や悲しみ、喪失感を感じること」という意味があります。

「この仕事には、心残りがある」という場合は、「この仕事に、まだ思い切れない部分がある」という意味があります。

「心残りがないよう、思い切り頑張る」「心残りが無いよう、生きる」などという使い方をします。

「惜しい」【おしい】

「惜しい」には、「わずかなところで、思い通りにならず残念だ」という意味があります。

また「失う物が残念に思われる」という意味もあります。

「惜しい敗戦」には、「わずかな所で思い通りにならず、負けてしまって残念だ」という意味があります。

「惜しい部分がある」「惜しいところで帰る」などという使い方をします。

「未練」の英語と解釈

「未練」の英語を紹介し、その意味を解釈して行きます。

「未練」を英語にすると、“regret”になります。

“regret”には「未練」「後悔」という意味があります。

このように「未練」を英語にする時には、“regret”という英語を使ってみましょう。

icon まとめ

「未練」という言葉について、見てきました。

物事に強いこだわりがあり、思い切れないこと、あきらめきれないことが心の中にある時、「未練」という言葉を使ってみましょう。