意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「心残り」の意味とは!類語や言い換え

「心残り」という表現の意味を知っているでしょうか。

ここでは「心残り」という言葉について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「心残り」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「心残り」とは?
  • 「心残り」の表現の使い方
  • 「心残り」を使った例文と意味を解釈
  • 「心残り」の類語や類義語・言い換え


「心残り」とは?

「心残り」というのは後に思いが残ってすっきり思い切れないこと、あるいはその様子、未練、という意味になります。

例えば、ガンなどにかかり、あと数ヶ月の命しかないという状態になったとしましょう。

もしも幼い子供を残して死ぬかもしれないという状態になったら、なんとも「心残り」に感じるのではないでしょうか。

その子供はどうなるのか、きちんと生きていけるか、どのような大人になるのか見たかった、などといろいろな感情が湧き起こりますよね。

そのような時に「心残り」という表現が使えます。

  • 「心残り」の読み方

「心残り」の読み方

「心残り」という言葉は「こころのこり」と読みます。

ぜひ知っておきたい表現の1つです。



「心残り」の表現の使い方

「心残り」という表現には何かをした、あるいはしなかったことについて後悔、悲しみ、喪失感を感じる、という意味になります。

例えば、大学時代は教員免許を取るために忙しく、サークル活動などもしなかった、友達と飲みに行ったり、カラオケに行ったりすることもなかった、という生活をしたとしましょう。

社会人になってから「もっと遊んでおけばよかった」などと感じるかもしれません。

それはまさに「心残り」だといえます。

「心残り」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「心残り」を使った例文1
  • 「心残り」を使った例文2

「心残り」を使った例文1

「独身時代にもっと飲んでおけばよかったと心残りに思っています」

独身時代は基本的に、好きに行動できますよね。

友達と出かけたり、同僚と飲みに行ったりと、自由に時間が過ごせます。

その一方で結婚するとそうもいかない、特に子供が生まれたら遊びに行けない、という状態になる人も多いのではないでしょうか。

そのため独身時代にもっと遊んでおけばよかった、と「心残り」に感じる人もいるかもしれませんね。

「心残り」を使った例文2

「もっといろんな男性と付き合っておけばよかったと心残りに感じます」

もしかしたら、独身時代にもっといろいろな人と付き合っておけばよかったと感じることもあるのではないでしょうか。

結婚して満たされた生活をしていても、もっと独身時代は弾けた生活がしたかった、などと感じることもあるかもしれませんね。



「心残り」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介していきます。

  • 「未練」【みれん】
  • 「口惜しい」【くちおしい】

「未練」【みれん】

「未練」というのは執心が残って思い切れない、諦め切れない、という意味です。

例えば「元カレに未練がある」などと表現できます。

「口惜しい」【くちおしい】

「口惜しい」というのは物事が思い通りにいかなかったり大切なものを失ったりして残念なこと、悔しいこと、という意味です。

ちなみに、「悔しい」というのは思い通りに物事が進まず、あるいは諦めがつかなくて腹立たしい、という意味になりますので意味が異なります。

icon まとめ

「心残り」という表現はぜひ教養として知っておきたい表現の1つです。

「心残り」がないような人生を送りたいですね。