意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「蟠り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

皆さんは「蟠り」という言葉を見て、「難しい言葉だな」と感じるのではないかと思います。

しかし、この言葉の読み方を知れば、ごく日常的に使われている言葉であることが、理解できます。

そこで今回は、この「蟠り」という言葉にフォーカスして、その意味や活用方法を眺めていくことにします。

Meaning-Book
「蟠り」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「蟠り」の意味
  • 「蟠り」の表現の使い方
  • 「蟠り」を使った例文と意味を解釈
  • 「蟠り」の類語や類義語


「蟠り」の意味

「蟠り」は、「スラスラと物事が運ばずにつっかえていること」「滞ること」「心の中につっかえたようになって、イライラが溜まっている感情」という意味があります。

  • 「蟠り」の読み方

「蟠り」の読み方

「蟠り」「わだかまり」という読み方をするので、これでスッキリした人もいるでしょう。

「蟠り」はめったに使われる漢字では、ないので、ここでしっかりとチェックしておきましょう。



「蟠り」の表現の使い方

「蟠り」「スムーズに物事が運ばずにつっかえていること」という意味がありますので、「何の蟠りもなくことが進む」というような使い方をします。

「蟠り」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「蟠り」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「蟠り」を使った例文1
  • 「蟠り」を使った例文2

「蟠り」を使った例文1

「私達の蟠りが消えて、気分がスッとしたのです。これで笑顔で付き合える」

友人との間に何か「蟠り」があると、素直に付き合うことができないものです。

それだけに心の「蟠り」は、人間関係に大きな壁を作ってしまいます。

素直にその「蟠り」を話してスッキリとさせることが大切です。

「蟠り」を使った例文2

「2人の心を隔てる蟠りは、数年前の口論が発端だった。もう関係を修復することは、難しいだろう」

このように2人の中に「蟠り」が残っていると、良好な関係を築くことはできません。

しかも、数年前の激しい口論が、未だに「蟠り」の原因となっているのであれば、元通りにすることは難しいのかもしれません。



「蟠り」の類語や類義語

「蟠り」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「気懸かり」【きがかり】
  • 「心配ごと」【しんぱいごと】

「気懸かり」【きがかり】

「気懸かり」「蟠り」の類義語として、扱うことができます。

「心の中に心配や不安として留まっていること」「心に引っかかっている点」「割り切れない気持ち」というような意味になります。

「心配ごと」【しんぱいごと】

「心配ごと」「蟠り」の類義語になり、「心の中にたまった不満や不安のこと」「フラストレーション」「満たされない気分」を意味する表現として使われます。

icon まとめ

「蟠り」という言葉の意味や使い方を見てきましたが、普段の中でもよく出てくる言葉の1つです。

私達は、普段から色々な人達とコミュニケーションを取ったり、関わりながら生活を送ったり、仕事をしています。

その中で、心の中に「蟠り」があることで、人間関係がうまく行かずに、変な方向になっていくと、とても悲しく辛いものです。

したがって、もしこのような状態に置かれているなら、素直に相手と心の打ち明けてみることです。