意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「模擬面接」とは?!意味や解説

この「模擬面接」は、就職活動には欠かせないと言えるかも知れません。

Meaning-Book
「模擬面接」とは?!意味や解説>


目次

  • 「模擬面接」とは?
  • 「模擬面接」の概要


「模擬面接」とは?

「模擬面接」とは、実際の面接のシミュレーションだと考えていいでしょう。

面接官に扮した人と本番の面接で行われる内容を想定した会話による本番に向けた準備として、近年ではこの為の専門の教室などもあるほどです。

こういった質問にはこのように答えるべきだなどといった指導や指摘が受けられるだけでなく、面接の為の部屋に入ってくるところから出て行くまでのマナーなどについても学ぶことができる為、就職試験の前に前述のような専門の教室に通う人も増えていると言われています。

  • 「模擬面接」の読み方

「模擬面接」の読み方

「模擬面接」は、「もぎめんせつ」と読む言葉です。

高校や大学受験の為の「模擬試験」(もぎしけん)は有名ですが、就職についてはこちらの「模擬面接」がその代わりだと考えると分かりやすいでしょう。



「模擬面接」の概要

「模擬面接」は、先のようにあれこれと指摘されながら行う場合もあれば、本番さながら入室から退室までを一連の流れで行い、後からまとめて採点(指導、指摘)されるということもあり、これといった決まった形はありません。

また、応募する企業で行われる内容に応じた(それを専門に想定した)模擬面接まであるほど、今や模擬試験並に有名な存在だと言っていいかも知れません。

専門の教室では、人気のある有名企業の面接内容のデータ(あくまで人伝えですが)を蓄積しており、そのような企業の実際の面接さながらの模擬面接が受けられると考えていいほどです。

しかし、あまりに出来過ぎた内容だと、採用担当の側が「これは模擬面接で鍛えてきたな」と見抜いてしまうことがあります。

何と答えていいのか戸惑う姿なども見ようと、わざと難しいことを聞くような場合もあるのに対し、ほぼ完璧に答えられてしまうと反って張り合いがないと思われてしまうかも知れません。

どのような基準で採用とするのかはもちろんその会社次第ですが、模擬面接でいくら鍛えようと、最後は本番の出来次第ということになります。

icon まとめ

「模擬面接」はあくまで「模擬面接」なので、そこでいくら鍛えても、本番で質問のあてが外れたり、答え方が良過ぎた為に反って悪い結果になることもあると覚えておいてください。