意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「就活浪人」とは?!意味や解説

ネットニュースなどで「就活浪人」という言葉が使われることがあります。

一体どの様な意味なのか、概要や関連語なども併せて紹介します。

就活浪人

Meaning-Book
「就活浪人」とは?!意味や解説>


目次

  • 「就活浪人」とは?
  • 「就活浪人」の概要


「就活浪人」とは?

「就活浪人」の意味と読み方について紹介します。

  • 「就活浪人」の意味
  • 「就活浪人」の読み方
  • 「就活浪人」「就活留年」「第二新卒」の違い

「就活浪人」の意味

「就活浪人」とは、「在学中に就職先が決まらず卒業してしまった人」のことです。

高校生で進学先が決まらずに卒業すると「浪人」と言いますが、それの就職版ということになります。

最近では「自分がやりたい仕事に就けず、どこでもいいから就職できずに初心を貫く為」に就活浪人を選ぶ人も増えています。

  • 「就活浪人」の意味
  • 「就活浪人」の読み方
  • 「就活浪人」「就活留年」「第二新卒」の違い

「就活浪人」の読み方

「就活浪人」の読み方は「しゅうかつろうにん」になります。

「浪人」「なみにん」と読み間違わない様にしましょう。

「就活浪人」「就活留年」「第二新卒」の違い

「就活浪人」と似た言葉に「就活留年」「第二新卒」という言葉があります。

これらの違いは以下の通りです。

「就活浪人」「就職せずに大学を卒業して、再度就活をする人」という意味です。

「就活留年」「わざと単位を落して留年して、再度就活をする人」という意味です。

「第二新卒」「とりあえず就職して、すぐに転職活動をする人」という意味です。



「就活浪人」の概要

「就活浪人」のメリット・デメリットについて紹介します。

  • 「就活浪人」のメリット
  • 「就活浪人」のデメリット

「就活浪人」のメリット

「就活浪人」のメリットは、「時間が十分にありしっかりと準備できる」という点があります。

企業研究や自己分析もしっかりできて、面接対策も立てられたり、必要な資格を取得して有利に就活を進められるのです。

「就活浪人」のデメリット

「就活浪人」のデメリットは、「新卒として採用する企業が少ない」「情報が少ない」という点が挙げられます。

企業によっては「○年卒の者」と決められていることもあります。

また、学生課や友達から情報を得られずに孤立する人もいます。

icon まとめ

「就活浪人」「在学中に就職先が決まらず卒業してしまった人」のことです。

面接では自分のやりたいことを諦めなかったという点をアピールしましょう。