意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悦に入る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「悦に入る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「悦に入る」という言葉を使った例文や、「悦に入る」の類語を紹介して行きます。

悦に入る

Meaning-Book
「悦に入る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「悦に入る」とは?意味
  • 「悦に入る」の表現の使い方
  • 「悦に入る」を使った例文や短文など
  • 「悦に入る」の類語や類義語・言い換え


「悦に入る」とは?意味

「悦に入る」には、「ことがうまく運び、満足して喜ぶ」という意味があります。

  • 「悦に入る」の読み方

「悦に入る」の読み方

「悦に入る」の読み方は、「えつにはいる」になります。



「悦に入る」の表現の使い方

「悦に入る」の表現の使い方を紹介します。

「悦に入る」には、「ことがうまく運び、満足して喜ぶ」という意味があります。

そこで、誰かがことをうまく運んだことに、満足して喜んでいる様子を見た時に、「悦に入る」という言葉を使ってみましょう。

例えば、飲み会の幹事を引き受けた人が、選んだお店を参加者に褒められた時、嬉しい気持ちになるでしょう。

自分の仕事ぶりに満足し喜ぶ人もいるかもしれません。

このような様子を、「選んだお店を褒められて、悦に入る飲み会の幹事」などと「悦に入る」という言葉を使って表現できます。

「悦に入る」を使った例文や短文など

「悦に入る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「悦に入る」を使った例文1
  • 「悦に入る」を使った例文2

「悦に入る」を使った例文1

「美しい奥さんを見て、素敵な人と結婚できたと『悦に入る』」

この例文は、自分の奥さんを美しいと思い、素敵な人と結婚できた幸せをかみしめて、満足して喜んでいるという場面になります。

このように「悦に入る」には、「ことがうまく運び、満足して喜ぶ」という意味があります。

素敵な奥さんをもらうという試みが上手く運んだことを、満足して喜んでいるのではないでしょうか。

「悦に入る」を使った例文2

「ボディビルダーが、鍛え抜かれた自分の体を見て、ひとり『悦に入る』」

この例文は、ボディビルダーが、鍛え抜かれた体を見て、ひとりで満足し、喜んでいる様子になります。

ボディビルダーの仕事は、自分の体を磨きあげることのため、「一人悦に入る」のが日常茶飯事かもしれません。



「悦に入る」の類語や類義語・言い換え

「悦に入る」の類語や類似を紹介します。

  • 「自己満足」【じこまんぞく】
  • 「ほくそ笑む」【ほくそえむ】

「自己満足」【じこまんぞく】

「自己満足」には、「自分に、自分で満足すること」という意味があります。

ただし「自己満足に過ぎない」「自己満足に陥ってはいけない」などと、「自己満足」はネガティブな意味合いがある言葉になります。

「ほくそ笑む」【ほくそえむ】

「ほくそ笑む」には、「物事が思い通りの結果になったことに満足し、一人で密かに笑う」という意味があります。

「友達同士を恋人同士にできて、ほくそ笑む」には、「友達の男女が、思い通りに恋人になったことに満足して、ひとりで密かに笑う」という意味があります。

「してやったりとほくそ笑む」「作戦が当たり、ほくそ笑む」などという使い方をします。

icon まとめ

「悦に入る」という言葉について見てきました。

誰かが、ことがうまく運び、満足して喜ぶ様子を見た時、「悦に入る」という言葉を使ってみましょう。