意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「冷笑」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「冷笑」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「冷笑」という言葉の理解を深めていきましょう。

Meaning-Book
「冷笑」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「冷笑」の意味
  • 「冷笑」の表現の使い方
  • 「冷笑」を使った例文と意味を解釈
  • 「冷笑」の類語や類義語


「冷笑」の意味

「冷笑」とは人を馬鹿にして笑うこと、さげずんで笑うことを言います。

  • 「冷笑」の読み方

「冷笑」の読み方

「冷笑」の読み方は、「れいしょう」になります。



「冷笑」の表現の使い方

「冷笑」の表現の使い方を紹介します。

「冷笑」とは冷たく笑うと書きますのでクールな笑いという意味合いに思うかもしれませんが、違います。

意味は相手をあざ笑うことであり、ようするに馬鹿にして笑うということですから、悪い意味になります。

「私の失敗に、彼女は遠くから冷笑を浮かべていた」「他人を冷笑する」などと使います。

「冷笑」を使った例文と意味を解釈

「冷笑」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「冷笑」を使った例文1
  • 「冷笑」を使った例文2

「冷笑」を使った例文1

「私が一生懸命説明をしたのに、皆から冷笑されて終わったことは今でも忘れられない恨みだ」

「冷笑」とは、人を馬鹿にして笑う、さげずんで笑うという意味で使います。

例文の場合は、皆から馬鹿にされて笑われたということが今でも忘れない、恨みに思っているということを言い表しているのです。

「冷笑」という行為は相手からすればこの上ない、侮辱にあたることですから恨みを買いやすい行為とも言えるでしょう。

「冷笑」を使った例文2

「あの時、彼女は得意気に冷笑を浮かべていたが、まさかその半年後に自分が追い越されることになるとは思いもしなかったのだろう」

相手を自分より下だと見て、馬鹿にしたり、余裕の笑いを浮かべるというのは「冷笑」という言葉で表すことができます。

例文では自分が見下し、馬鹿にして笑っていた相手に追い越されることになるとは思いもしなかったことだろうと言っているのです。



「冷笑」の類語や類義語

「冷笑」の類語や類義語を紹介します。

  • 「嘲笑」【ちょうしょう】
  • 「愚弄」【ぐろう】
  • 「失笑」【しっしょう】

「嘲笑」【ちょうしょう】

「嘲笑」とは相手を見下したり、馬鹿にした笑いのことを言います。

「世間の嘲笑を浴びても本人はそれほど落ち込んではいない」「あからさまな嘲笑にさすがの彼女も金輪際、このグループの連中とは関りは持たないと決めたようである」「こんなことを発表したら嘲笑されるだけだ」などと使います。

「愚弄」【ぐろう】

「愚弄」とは人を馬鹿にしてからかうことを言います。

「人を愚弄するのはやめろ」「ここまで愚弄されて黙っていられるか」という風に使います。

「失笑」【しっしょう】

「失笑」とはおかしさをこらえることができずに吹き出すことを言います。

「彼はまたしても失笑を買うのだった」「あまりに的外れな意見に思わず失笑してしまった」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「冷笑」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。