意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「生業」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「生業」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「生業」という言葉を使った例文や、「生業」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「生業」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「生業」とは?意味
  • 「生業」の表現の使い方
  • 「生業」を使った例文や短文など
  • 「生業」の類語や類義語・言い換え


「生業」とは?意味

「生業」には、「生計を立てるための職業」という意味があります。

  • 「生業」の読み方

「生業」の読み方

「生業」の読み方は、「なりわい」になります。



「生業」の表現の使い方

「生業」の表現の使い方を紹介します。

「生業」には、「生活のためにしている仕事や職業のこと」という意味があります。

そのため、様々な仕事の中で、生計を立てるための職業について「生業」という言葉を使ってみましょう。

例えば、様々な仕事やバイトなどをしている人に、どの仕事で生計を立てている質問するとします。

このような時は、「あなたの生業は何ですか」などと「生業」という言葉を使って質問できます。

このように、生計を立てるための職業について話す時、「生業」という言葉を使ってみましょう。

「生業」を使った例文や短文など

「生業」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「生業」を使った例文1
  • 「生業」を使った例文2

「生業」を使った例文1

「現在は、役者の仕事では生活できないが、将来は『生業』にしたい」

この例文は、役者を目指し、役者としての活動をしている人についての文章になります。

ただし役者としての収入は少なく、そのため生計を立てるため他の仕事をしているのでしょう。

将来は役者として売れて、役者で生計を立てるための仕事したいと言っています。

このように「生活のためにしている仕事や職業のこと」「生業」と言います。

「生業」を使った例文2

「たくさんの仕事をしているため、『生業』と呼べるような仕事はない」

この例文は、様々な仕事をしている人が、生計を立てるための職業は何かを質問された時の答えになります。

一つの仕事ではなく、たくさんの仕事の収入で暮らしているため、「生業」と呼べるような中心になる仕事を決められないという意味があります。



「生業」の類語や類義語・言い換え

「生業」の類語や類似を紹介します。

  • 「商売」【しょうばい】
  • 「儲け口」【もうけぐち】

「商売」【しょうばい】

「商売」には、「営利目的で、物を売り買いすること」という意味があります。

また「生活の為にしている仕事」という意味があります。

「私は絵を描く仕事をしています」という時は、「私の生活の基盤になっている仕事は、絵を描くことだ」という意味があります。

「儲け口」【もうけぐち】

「儲け口」には、「儲けることのできる物事のこと」という意味や「利益を得る為のヒントのこと」という意味があります。

「私の儲け口は、株式投資だ」という場合は、「私の儲けの対象になっているのは、株式投資だ」という意味があります。

icon まとめ

「生業」という言葉について見てきました。

生活のためにしている仕事や職業を話す時、「生業」という言葉を使ってみましょう。