意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「様子を見る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「様子を見る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「様子を見る」という言葉を使った例文や、「様子を見る」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「様子を見る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「様子を見る」とは?意味
  • 「様子を見る」の表現の使い方
  • 「様子を見る」を使った例文や短文など
  • 「様子を見る」の類語や類義語・言い換え


「様子を見る」とは?意味

「様子を見る」には、「物事の動向を静かに見つめる」という意味があります。

  • 「様子を見る」の読み方

「様子を見る」の読み方

「様子を見る」の読み方は、「ようすをみる」になります。



「様子を見る」の表現の使い方

「様子を見る」の表現の使い方を紹介します。

「様子を見る」には、「物事の動向を静かに見つめる」という意味があります。

そのため、誰かが物事の動向を、静かに見つめている時、「様子を見る」という言葉を使ってみましょう。

例えば、合コンが始まった時、どのようなノリの人なのか、自分がどのような評価を受けているのか、分からないかもしれません。

このような時は、あわてて動かずに、合コンの動向を静かに見つめることも大切でしょう。

このような様子を、「合コンが始まってしばらくの間、様子を見ることにした」などと「様子を見る」を使った文章を作れます。

「様子を見る」を使った例文や短文など

「様子を見る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「様子を見る」を使った例文1
  • 「様子を見る」を使った例文2

「様子を見る」を使った例文1

「高校に入った年は、夏休みが明けるまで、クラスの『様子を見ていた』」

この例文は、高校一年生の時に、クラスメートと積極的に仲良くしようとせず、動向を静かに見つめていた人についての文章になります。

このように「様子を見る」には、「物事の動向を静かに見つめる」という意味があります。

夏休みを過ぎる頃には、どの生徒が付き合いやすく、どの生徒とは距離を置いた方がいいかなど、状況が見えてくるため、それから友達を作る人もいるかもしれません。

「様子を見る」を使った例文2

「会社に入ったものの、やりがいを感じなかったが、辞めずに『様子を見る』ことにした」

この例文は、会社に入ってみたものの、やりがいを感じられなかった人についての文章になります。

すぐに辞めるのももったいないため、しばらく辞めないで、会社の動向を静かに見つめている様子になります。

このように、「様子を見る」うちに、仕事にやりがいを感じられるようになるかもしれません。



「様子を見る」の類語や類義語・言い換え

「様子を見る」の類語や類似を紹介します。

  • 「静観する」【せいかんする】
  • 「見守る」【みまもる】

「静観する」【せいかんする】

「静観する」には「静かに観察すること」という意味があります。

「事態を静観する」という言葉には、「事態を静かに観察すること」という意味があります。

「見守る」【みまもる】

「見守る」には、「無事であるように、注意しながら見る」という意味があります。

また「目を離さずに、じっと見る」という意味もあります。

「親が子供を見守る」「好きな女性を見守る」などという使い方をします。

icon まとめ

「様子を見る」という言葉について見てきました。

物事の動向を静かに見つめる様子の人がいた時、「様子を見る」という言葉を使ってみましょう。