意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見守る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「見守る」という言葉は日常会話などでもわりと頻繁に使う機会が多いのではないでしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「見守る」という言葉の理解を深めていきましょう。

見守る

Meaning-Book
「見守る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「見守る」とは?
  • 「見守る」の表現の使い方
  • 「見守る」を使った例文と意味を解釈
  • 「見守る」の類語や類義語


「見守る」とは?

「見守る」とは目を離さずに見ること、間違いや事故が起こらないように気をつけて見ることを言います。

  • 「見守る」の読み方

「見守る」の読み方

「見守る」と書いて「みまもる」と読みます。



「見守る」の表現の使い方

「見守る」という言葉は動詞で、じっと見つめること、注意深く見るといった意味になります。

「子どもの成長を見守る」「事のなりゆきを見守る」「見守ることが大事だ」という使い方をします。

「見守る」を使った例文と意味を解釈

それでは「見守る」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「見守る」を使った例文1
  • 「見守る」を使った例文2

「見守る」を使った例文1

「口を出すのは簡単だが、今は静かに見守るようにしよう」

「見守る」とは注意深く見る、気をつけて見るという意味です。

決して何もしないわけではないのです。

むしろすぐに、口を出す、世話をやくよりも深い心遣いがあることとも言えるでしょう。

「見守る」を使った例文2

「母は、いつまでも深い愛情で子どもを見守っている」

親というのは、いつまでも、子どもの目を離さない、間違いや事故がないようにと気を配っていることを「見守る」と言います。



「見守る」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「見守る」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「様子を見る」【ようすをみる】
  • 「静観する」【せいかんする】
  • 「心配り」【こころくばり】

「様子を見る」【ようすをみる】

「様子を見る」とは状況に変動があるまでは、行動をせずにいることを言います。

「当面は様子を見ることにしよう」などと言うのは「見守る」と同じ意味合いとなります。

「口出しせずに様子を見る」「いつも、子どもの様子を見るようにしている」などと使います。

「静観する」【せいかんする】

「静観する」とは積極的な行動はしないようにして物事を見ていることを言います。

無関心というわけではないのですが、何かをするには消極的であると言えるでしょう。

「今は、事態を静観する時だ、慌てるな」「口出しせずに静観することにしました」などと使います。

「心配り」【こころくばり】

「心配り」とは気を使うこと、気遣い、配慮といった意味になります。

「見守る」という言葉と似た意味の言葉であると解釈できるでしょう。

「色々と心配りをする」「彼女の心配りがありがたい」という風に使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「見守る」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「見守る」とは目を離さないで見る、間違いや事故がないように気をつけて見るといった意味があります。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。