意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「躊躇い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「躊躇い」という表現は「転職するかどうかについて躊躇いがあります」「躊躇いを振り切って決めます」などの文章で使われますが、「躊躇い」にはどんな意味があるのでしょうか?

「躊躇い」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「躊躇い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「躊躇い」とは?意味
  • 「躊躇い」の表現の使い方
  • 「躊躇い」を使った例文と意味を解釈
  • 「躊躇い」の類語や類義語


「躊躇い」とは?意味

「躊躇い」という表現は、「ある物事をするかどうかについて迷うこと」を意味しています。

「躊躇い」というのは、「複数の選択肢がある時に、ぐずぐずして決めかねているさま」を意味している表現なのです。

  • 「躊躇い」の読み方

「躊躇い」の読み方

「躊躇い」の読み方は、「ためらい」になります。



「躊躇い」の表現の使い方

「躊躇い」の表現の使い方を紹介します。

「躊躇い」の表現の使い方は、「ある物事・行為をするかしないかの選択肢がある時に、どちらにするかを決めかねてぐずぐずしていること」を指示して使うという使い方になります。

例えば、「ある求人広告を見てその仕事に応募するかどうかについて、まだ躊躇いがありました」といった文章で、この言葉を使うことができます。

「躊躇い」を使った例文と意味を解釈

「躊躇い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「躊躇い」を使った例文1
  • 「躊躇い」を使った例文2

「躊躇い」を使った例文1

「今の恋人と生涯を共にすることに躊躇いがあるのであれば、まだ結婚の決断をすべき時ではないのです」

この「躊躇い」を使った例文は、「今の恋人と生涯を共にすることを決めきれず迷いがあるのであれば」という意味を持つ文脈で、「躊躇い」の表現を使っています。

「躊躇い」を使った例文2

「不安があっても躊躇いを乗り越えて決断することによって、新たな可能性が開けてきます」

この「躊躇い」を使った例文では、「躊躇い」という表現を、「不安があっても、迷ってぐずぐずする気持ちを乗り越えて決断することで」という意味合いで使用しています。



「躊躇い」の類語や類義語

「躊躇い」の類語や類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「躊躇・迷い」
  • 「逡巡・葛藤」

「躊躇・迷い」

「躊躇」という表現は「ある事をするかしないか決断できずにぐずぐずしているさま」を意味していて、「迷い」というのは「複数の選択肢があって、どちらにするのか決定しきれないこと」を意味しています。

それらの意味合いから、物事を決めかねてぐずぐずするさまを示す「躊躇い」の類語(シソーラス)として、「躊躇・迷い」を指摘できます。

「逡巡・葛藤」

「逡巡」という表現は、「ある活動をするかやめるかの決断をすることができず、ぐずぐずすること」を意味しています。

「葛藤」という表現は、「相反する二つの欲求・願望の間でどっちつかずになり苦しむさま」を意味しています。

この意味から、どちらにするか決めきれず迷う(逡巡する)ことを意味する「躊躇い」の類義語として、「逡巡・葛藤」を考えることができます。

icon まとめ

この記事で解説した「躊躇い」の表現には、「ある行為をするかしないか迷って、なかなか決断できないさま」「ある物事を決めかねてぐずぐずしていること」などの意味があります。

「躊躇い」の類語・類義語として、「躊躇・迷い」「逡巡・葛藤」などがあります。

「躊躇い」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。