意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「見限る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「見限る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「見限る」という言葉を使った例文や、「見限る」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「見限る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「見限る」とは?意味
  • 「見限る」の表現の使い方
  • 「見限る」を使った例文や短文など
  • 「見限る」の類語や類義語・言い換え


「見限る」とは?意味

「見限る」には、「見込みがないとしてあきらめる」という意味があります。

また「見切りをつける」という意味があります。

  • 「見限る」の読み方

「見限る」の読み方

「見限る」の読み方は、「みかぎる」になります。



「見限る」の表現の使い方

「見限る」の表現の使い方を紹介します。

「見限る」には、「不要と判断し、見切りをつけ切り捨てること」という意味があります。

また「見切りをつける」という意味があります。

そこで、誰かに対して見込みがないとあきらめた時などに、「見限る」という言葉を使ってみましょう。

例えば、現在勤めている会社に、将来性を感じられない、良い会社になるという見込みがないと感じる人もいるでしょう。

そのため、早めの転職を決意した人がいるかもしれません。

この人の様子を、「会社を見限り、転職を決める」「見限る」という言葉を使った文章にできます。

「見限る」を使った例文や短文など

「見限る」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「見限る」を使った例文1
  • 「見限る」を使った例文2

「見限る」を使った例文1

「自分の才能を『見限り』、役者をやめる」

この例文は、自分の役者としての才能に、見込みがないとしてあきらめて、役者をやめるという文章になります。

このように、「見限る」には、「見込みないとしてあきらめる」という意味があります。

夢を追い続けるためには、自分の才能を信じ続ける必要があるため、「見限った」時は、夢をあきらめる時かもしれません。

「見限る」を使った例文2

「妻に『見限られ』離婚を切り出される」

この例文は、妻に立派な夫になる見込みがないと、見限られた男性が、妻から離婚を切り出されたという文章になります。

このように、妻に「見限られた」夫は、浮気をしたり、経済的な面で物足りないなど、それなりの理由があったのかもしれません。

すぐにその点に気付き、反省すれば許されるかもしれません。



「見限る」の類語や類義語・言い換え

「見限る」の類語や類似を紹介します。

  • 「見放す」【みはなす】
  • 「見捨てる」【みすてる】

「見放す」【みはなす】

「見放す」には、「従来の関係に見切りをつけて離れること」という意味があります。

「生徒を見放す」という文章には、「生徒に見切りをつけて、従来のような信頼関係を断つ」という意味があります。

「見捨てる」【みすてる】

「見捨てる」には、「その相手との関係を断つ」という意味や、「見放す」などの意味があります。

「友達を見捨てる」「弱者を見捨てる」などという使い方をします。

icon まとめ

「見限る」という言葉について見てきました。

見込みがないとしてあきらめる様子を見た時、見切りをつけた時などに、「見限る」という言葉を使ってみましょう。