意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「爪に火を灯す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「爪に火を灯す」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「爪に火を灯す」という言葉を使った例文や、「爪に火を灯す」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「爪に火を灯す」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「爪に火を灯す」とは?意味
  • 「爪に火を灯す」の表現の使い方
  • 「爪に火を灯す」を使った例文や短文など
  • 「爪に火を灯す」の類語や類義語・言い換え


「爪に火を灯す」とは?意味

「爪に火を灯す」には、「極端に倹約した生活を送ること」という意味があります。

また「非常にケチなこと」という意味があります。

ケチでろうそくを買わない、またろうそくを買えないほど貧乏なため、ろうそくの代わりに爪に火を灯したということから、「爪に火を灯す」という言葉になっています。

  • 「爪に火を灯す」の読み方

「爪に火を灯す」の読み方

「爪に火を灯す」の読み方は、「つめにひをともす」になります。



「爪に火を灯す」の表現の使い方

「爪に火を灯す」の表現の使い方を紹介します。

「爪に火を灯す」には、「きわめて倹約した生活を送ること」また「非常にケチなこと」という意味があります。

そのため、そのような生活を送っている人を見た時、「爪に火を灯す」という言葉を使ってみましょう。

例えば、シャワー代を節約するため、タオルを水に浸して、体を拭いている人は、「爪に火を灯すような生活」をしていると言えるでしょう。

このように、倹約し過ぎと言えるような生活を送る人、ケチな人を見た時、「爪に火を灯す」という言葉を使ってみましょう。

「爪に火を灯す」を使った例文や短文など

「爪に火を灯す」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「爪に火を灯す」を使った例文1
  • 「爪に火を灯す」を使った例文2

「爪に火を灯す」を使った例文1

「給料が安いためか、妻が『爪に火を灯す』ような節約をしている」

この例文は、給料が安い男性が、妻の極端な節約生活を見て、げんなりしている様子になります。

このように、極端な倹約ぶりを「爪に火を灯す」と言います。

もし生活が苦しい場合は、奥さんも働きに出た方が、「爪に火を灯す」生活よりも、精神衛生上いいかもしれません。

「爪に火を灯す」を使った例文2

「彼は資産家なのに、『爪に火を灯す』生活をしている」

この例文は、資産家なのにもかかわらず、極端な倹約生活を送っている人についての文章になります。

このように、お金持ちほど、ケチな人が多いという説があります。



「爪に火を灯す」の類語や類義語・言い換え

「爪に火を灯す」の類語や類似を紹介します。

  • 「質素」【しっそ】
  • 「ケチ」【けち】

「質素」【しっそ】

「質素」には、「地味で飾り気がないこと」また「衣・食・住などの生活ぶりが控えめなこと」「ぜいたくや派手さがないこと」という意味があります。

「質素な暮らし」「質素な家」などという使い方をします。

「ケチ」【けち】

「ケチ」には「お金払いが悪い」「心が狭く、こせこせしている」という意味があります。

「ケチな男性」には「金品を惜しむ男性」という意味があります。

icon まとめ

「爪に火を灯す」という言葉について見てきました。

極めて倹約した生活を送っている様子を見た時、ひどくケチな人を見た時に、「爪に火を灯す」という言葉を使ってみましょう。