意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「打擲」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「打擲」という表現は、現在ではほとんど日常生活で使われていませんが、どのような意味・読み方を持っていて、どんな使い方をすることができるのでしょうか?

この記事では「打擲」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」を詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「打擲」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「打擲」とは?意味
  • 「打擲」の表現の使い方
  • 「打擲」を使った例文と意味を解釈
  • 「打擲」の類語や類義語


「打擲」とは?意味

「打擲」という表現は、「相手を物理的に殴ったり叩いたりすること」「相手を杖・棒などの鈍器を使って打ち据えること、叩くこと」を意味しています。

例えば、「悪いことをした時に、親から激しく打擲されて痛みでのけぞりました」「無頼漢から打擲されて、恐怖で縮こまりました」などの文章で、「打擲」の典型的な意味を示せます。

  • 「打擲」の読み方

「打擲」の読み方

「打擲」の読み方は、「ちょうちゃく」になります。



「打擲」の表現の使い方

「打擲」の表現の使い方を紹介します。

「打擲」という表現は、「相手を物理的に殴ったり叩いたりする場合」「相手を物を使って打ち据えたり、集団で袋叩きにしたりする時」に使うという使い方になります。

例えば、「暴漢から理不尽に打擲されて罵倒された時には、怒りと屈辱で身が震えました」などの文章で、「打擲」という表現を正しく使えます。

「打擲」を使った例文と意味を解釈

「打擲」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「打擲」を使った例文1
  • 「打擲」を使った例文2

「打擲」を使った例文1

「父親は頭に血が上ると手加減せずに私を打擲していましたが、今から思えばあれは身体的虐待に相当する暴力だったのです」

この「打擲」を使った例文は、「打擲」という表現を、「父親が頭に血が上ると手加減せずに私を拳(こぶし)で殴りつけた」という意味合いで使っています。

「打擲」を使った例文2

「お前が悪いんだから覚悟しろと自分を正当化しながら、彼らは集団で私を激しく打擲し、足腰が立たなくなるまで打ちのめしました」

この「打擲」を使った例文は、「彼らは集団で私を激しく叩いたり殴ったりした(集団で袋叩きにした)」という意味合いで、「打擲」という表現を使用しています。



「打擲」の類語や類義語

「打擲」の類語や類義語を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「殴打・打撲」
  • 「袋叩き・暴行」

「殴打・打撲」

「打擲」の類語・類義語として、「殴打・打撲」があります。

「殴打」という言葉は、「相手を物理的に殴ったり打ち据えたりすること」を意味しています。

「打撲」という表現は、「殴られたり物にぶつかったりして、身体を痛めること」を意味しています。

それらの意味から、「打擲」とほとんど同じような意味を持つ類義語として、「殴打・打撲」の表現を上げられます。

「袋叩き・暴行」

「打擲」の類語・類義語には、「袋叩き・暴行」があります。

「打擲」という表現は、「複数の人で殴ったり叩いたりして打ちのめす袋叩き」「物理的に打ちのめして暴行すること」を意味しています。

その意味合いから、「打擲」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「袋叩き・暴行」を指摘できます。

icon まとめ

この記事で解説した「打擲」の表現には、「相手を物理的に叩いたり殴ったりすること」「パンチだけでなく物を使って叩くことも含む」などの意味があります。

「打擲」の類語・類義語として、「殴打・打撲」「袋叩き・暴行」などがあります。

「打擲」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。