意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「ワンパターン」の意味や使い方

「ワンパターン」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「ワンパターン」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「ワンパターン」の意味や使い方>


目次

  • 「ワンパターン」とは?意味
  • 「ワンパターン」の表現の使い方
  • 「ワンパターン」を使った例文と意味を解釈
  • 「ワンパターン」の類語や類義語


「ワンパターン」とは?意味

「ワンパターン」というのは和製英語であり、「同じような行為を繰り返す」という意味になります。

「いつも同じ方法でやる様」「今まで通り」という意味であり、「決まりきった型にはまって変化がない状態」を指しています。

例えば、映画などを見ているとなんとなくどのようなことが起こるのか予測できてしまい、面白みがないということがあります。

そのような映画は「ワンパターンのストーリー」になってしまっているのかもしれません。



「ワンパターン」の表現の使い方

「ワンパターン」の表現の使い方を紹介します。

「ワンパターン」という表現は「同じような行為を繰り返す」という意味であり、英語では通じません。

例えば、デートに行く時はいつも映画に行って喫茶店に行く、というルートを選ぶ人は、デートのやり方が「ワンパターン」になってしまっているかもしれません。

結婚して夫婦になると週末の過ごし方が「ワンパターン」になってしまい、マンネリ化してしまうという夫婦もいるかもしれません。

「ワンパターン」を使った例文と意味を解釈

「ワンパターン」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「ワンパターン」を使った例文1
  • 「ワンパターン」を使った例文2

「ワンパターン」を使った例文1

「子供と遊ぶ時、どうしてもワンパターンになってしまいます」

小さな子供がいると、子供とどのように遊ぼうか考えると思います。

雨の日は出かけられないから、例えば家の中で段ボール箱を使って遊ぼうなどと考えることもあるのではないでしょうか。

しかし、どうしても遊び方が「ワンパターン」になってしまい、子供が飽きている、どうしたら良いのかわからない、などと考えている人もいるかもしれません。

図書館や博物館などを訪れてみても良いかもしれません。

「ワンパターン」を使った例文2

「子供に着せる洋服がいつもワンパターンになっていて悩んでいます」

子供はすぐに大きくなります。

高い洋服を購入してもワンシーズンで着られなくなってしまうということもありますから、できれば高い洋服は購入したくない、中古品で揃えたい、などと感じている人もいるのではないでしょうか。

しかし、枚数が足りないと「ワンパターン」になってしまう可能性も出てきますし、汚れた時に替えがない、などという心配もあります。

確かにワンシーズンで着られなくなるのはもったいないですが、最低限の洋服は揃えておいた方が良いかもしれません。



「ワンパターン」の類語や類義語

「ワンパターン」の類語や類義語を紹介します。

  • 「お決まり」【おきまり】
  • 「代わり映えしない」【かわりばえしない】

「お決まり」【おきまり】

「お決まり」というのは「習慣的方法」「いつも同じでありきたりである様子」を指しています。

「お決まりのパターンだね」などと使われます。

「代わり映えしない」【かわりばえしない】

「代わり映えしない」というのは「目立って良くなった部分が乏しく、あまり変化がない様子」という意味です。

「いつも同じ方法で行う様子」を指すこともあります。

icon まとめ

「ワンパターン」という表現は日常会話でも使えますのでよく覚えておきましょう。

「ワンパターン」にならないように気をつけたいものです。