意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「やり終える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「やり終える」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「やり終える」という言葉を使った例文や、「やり終える」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「やり終える」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「やり終える」とは?意味
  • 「やり終える」の表現の使い方
  • 「やり終える」を使った例文や短文など
  • 「やり終える」の類語や類義語・言い換え


「やり終える」とは?意味

「やり終える」には、「物事をして、終える」という意味があります。

  • 「やり終える」の読み方

「やり終える」の読み方

「やり終える」の読み方は、「やりおえる」になります。



「やり終える」の表現の使い方

「やり終える」の表現の使い方を紹介します。

「やり終える」には、「物事をして、終える」という意味があります。

何かをして、それを終える時、「やり終える」という言葉を使ってみましょう。

例えば、ビジネスシーンで、上司に任された仕事をして、終えた時、「上司から任された、仕事をやり終える」「やり終える」を使って表現できます。

このように、物事をして、終えた時、「やり終える」という言葉を使ってみましょう。

「やり終える」を使った例文や短文など

「やり終える」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「やり終える」を使った例文1
  • 「やり終える」を使った例文2

「やり終える」を使った例文1

「この仕事を『やり終える』まで、家には帰らない」

この例文は、ある仕事を任された人が、その仕事を終えるまで、会社から家には戻らないと決意している場面になります。

このように、仕事をして、終えることを「やり終える」と言います。

人によっては、翌日に仕事を残したくないため、その日のうちに残業してでも終えたいと思うかもしれません。

一方で、体調を重視して定時に家に帰り、ぐっすり眠った後、次の日の朝早く会社に来て仕事を「やり終える」人もいるでしょう。

「やり終える」を使った例文2

「このような大変な仕事を納期までに『やり終える』とは思えない」

この例文は、自分に与えられた仕事の量が多すぎて、納期までにすべてを終わらせられるか分からない、自信がないと思っている人についての文章になります。

このように、余りにも量が多すぎると、どのくらい時間がかかるか分からないため、「やり終えるのは無理だ」と思ってしまうかもしれません。



「やり終える」の類語や類義語・言い換え

「やり終える」の類語や類似を紹介します。

  • 「完遂する」【かんすいする】
  • 「成し遂げる」【なしとげる】

「完遂する」【かんすいする】

「完遂する」には、「最後までやり通すこと」という意味があります。

また「完全に成し遂げること」という意味があります。

「大きなプロジェクトを、最後までやり通した」という時、「大きなプロジェクトを完遂した」と表現できます。

「成し遂げる」【なしとげる】

「成し遂げる」には「物事を最後までし通すこと」という意味があります。

「計画通り、成し遂げる」という文章には、「当初の計画通り、仕事を最後までし通した」という意味があります。

icon まとめ

「やり終える」という言葉について見てきました。

何か物事をして、終える時に、「やり終える」という言葉を使ってみましょう。