意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「類を見ない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「類を見ない」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「類を見ない」という言い回しについて詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「類を見ない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「類を見ない」とは?意味
  • 「類を見ない」の表現の使い方
  • 「類を見ない」を使った例文と意味を解釈
  • 「類を見ない」の類語や類義語


「類を見ない」とは?意味

「類を見ない」というのは「似たようなものや同水準のものが他にはない」という意味になります。

「それ以上素晴らしいものがない」「右に出るものがない」という意味であり、「史上最強の」などと言われることもあります。

同じような例をいまだに見聞きしたことがない時に使われる表現であり、褒め言葉だと言えるでしょう。

これよりも優れたものがないという意味であり、例えば「類を見ない文明」などと使われます。

  • 「類を見ない」の読み方

「類を見ない」の読み方

「類を見ない」の読み方は、「るいをみない」になります。

教養として知っておきたい表現だといえます。



「類を見ない」の表現の使い方

「類を見ない」の表現の使い方を紹介します。

「類を見ない」というのは右に出るものがない、という意味であり、例えば「彼は類を見ないユニークなアプローチで研究を進めました」などと使われます。

研究者などは様々な手法を使って研究をしていかなければいけません。

しかし他の人と同じアプローチの仕方ではユニークな研究になりません。

そのため、独自の方法が必要になります。

他に見たことがないような方法、それに勝るような方法がない状態、という時に「類を見ない」という表現が使えます。

「類を見ない」を使った例文と意味を解釈

「類を見ない」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「類を見ない」を使った例文1
  • 「類を見ない」を使った例文2

「類を見ない」を使った例文1

「それは過去に類を見ない規模の津波でした」

2011年3月11日、東日本大震災が起こりました。

このときの津波は前代未聞とも言われており、今までの津波よりも大規模なものでした。

つまり、過去に類を見ないほどの規模だった、といえます。

今までよりも大規模なものだったからこそ、まさかここまでの高さまで津波があるとは思わなかった、などと感じた人もいるかもしれません。

自然現象を過小評価せず、防災に取り組みたいものです。

「類を見ない」を使った例文2

「彼女のようなアイディアの持ち主は類を見ない」

人間の中には、非常に面白い考え方を持ち合わせている人がいます。

一般的な考えではなく、独創的なアイディアの持ち主である、独創的な考え方をしている、などという場合はとても個性的で愉快だと思われるかもしれません。

そのような考えの人は滅多にいないということもあり、類を見ないと言えるでしょう。



「類を見ない」の類語や類義語

「類を見ない」の類語や類義語を紹介します。

  • 「唯一無二」【ゆいいつむに】
  • 「右に出るものがいない」【みぎにでるものがいない】

「唯一無二」【ゆいいつむに】

「唯一無二」というのはこの世でただ1つしかないこと、他に同類のものがなく、その1つ以外学ぶものがない、という意味になります。

特別で価値があるものに対して使われる表現です。

「右に出るものがいない」【みぎにでるものがいない】

「右に出るものがいない」というのは実力において勝る者がいないという意味になります。

もともと、偉い立場の人から見て右側に立つ人の方が優れた人であったため、この表現が生まれました。

icon まとめ

「類を見ない」という表現は教養として知っておきたい言い回しです。

ぜひ日常的に利用していきたいものです。