意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手を焼く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「手を焼く」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「手を焼く」という言葉を使った例文や、「手を焼く」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「手を焼く」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「手を焼く」とは?意味
  • 「手を焼く」の表現の使い方
  • 「手を焼く」を使った例文や短文など
  • 「手を焼く」の類語や類義語・言い換え


「手を焼く」とは?意味

「手を焼く」には、「厄介で上手く処理できなくて、手に余る」という意味があります。

また「てこずる」「もてあます」という意味があります。

  • 「手を焼く」の読み方

「手を焼く」の読み方

「手を焼く」の読み方は、「てをやく」になります。



「手を焼く」の表現の使い方

「手を焼く」の表現の使い方を紹介します。

「手を焼く」には、「厄介で上手く処理できなくて、手に余る」という意味があります。

例えば、上手に処理できない案件に対して、「ある案件に手を焼いている」などと「手を焼く」という言葉を使います。

また「手を焼く」には、「てこずる」「もてあます」という意味があります。

例えば、子供の面倒を見ることになったものの、子供がなつかず、もてあましてしまう時、「子供に手を焼く」と言います。

「手を焼く」を使った例文や短文など

「手を焼く」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「手を焼く」を使った例文1
  • 「手を焼く」を使った例文2

「手を焼く」を使った例文1

「難しい仕事に『手を焼き』他の仕事に手が付けられない」

この例文は、難しい仕事を引き受けて、てこずったりもてあましている人についての文章になります。

このように難しい仕事をうまく処理できず困る時、「仕事に手を焼く」と言います。

この仕事を終えないと、他の仕事に手を付けられず、困っている様子が目に浮かびます。

「手を焼く」を使った例文2

「学生時代に世話になった先生に、お前には『手を焼いた』と言われた」

この例文に登場する人は、学生時代にやんちゃなタイプだったのかもしれません。

先生が「お前には手を焼いた」と言ったのは、「お前の扱いにてこずった」「お前をもてあましていた」という意味だったのではないでしょうか。

このように、なにかにてこずったり、もてあます様子を、「手を焼く」と言います。



「手を焼く」の類語や類義語・言い換え

「手を焼く」の類語や類似を紹介します。

  • 「手に負えない」【てにおえない】
  • 「厄介」【やっかい】

「手に負えない」【てにおえない】

「手に負えない」という言葉には、「自分の力ではその相手(対象)を扱いきれないこと・手に余ること」という意味があります。

「この仕事は手に負えない」という時は、「この仕事は、自分の力ではどうにもならない」という意味があります。

「厄介」【やっかい】

「厄介」には、「面倒臭い」「わずらわしい」「迷惑」という意味があります。

「厄介な頼みごと」という言葉には、「面倒な頼みごと」という意味があります。

icon まとめ

「手を焼く」という言葉について見てきました。

仕事などをうまく処理できなくて困った時、またてこずったり、もてあまし気味の時に「手を焼く」という言葉を使ってみましょう。