意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「手に負えない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「手に負えない」という表現は「野生動物は成長すると手に負えなくなります」「手に負えない相手に悩まされました」といった文章で使われますが、どんな意味があるのでしょうか?

「手に負えない」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

Meaning-Book
「手に負えない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「手に負えない」とは?意味
  • 「手に負えない」の表現の使い方
  • 「手に負えない」を使った例文と意味を解釈
  • 「手に負えない」の類語や類義語


「手に負えない」とは?意味

「手に負えない」という表現は、「自分の力ではその相手(対象)を扱いきれないこと・手に余ること」を意味しています。

「手に負えない」というのは、「自分の能力・経験ではどうにもならないこと」「その相手・状況に対して対処(制御)できないこと」を意味している表現なのです。

  • 「手に負えない」の読み方

「手に負えない」の読み方

「手に負えない」の読み方は、「てにおえない」になります。



「手に負えない」の表現の使い方

「手に負えない」の表現の使い方を紹介します。

「手に負えない」という表現は、「自分の力ではどうしようもならない場合」「その相手・状況をコントロールできない時」に使うという使い方になります。

例えば、「彼女はいったん怒り始めると手に負えなくなります」といった文章で、「手に負えない」の表現を適切に使えます。

「手に負えない」を使った例文と意味を解釈

「手に負えない」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「手に負えない」を使った例文1
  • 「手に負えない」を使った例文2

「手に負えない」を使った例文1

「注意されたことに腹を立てて暴れ始めたその男性は、手に負えなくなりました」

この「手に負えない」を使った例文は、「手に負えない」という表現を、「暴れ始めた男性に対処して制止することができなくなった」という意味合いで使っています。

「手に負えない」を使った例文2

「小さな頃から甘やかして手に負えなくなった息子のことを、カウンセラーに相談に行きました」

この「手に負えない」を使った例文は、「甘やかして(親である私たちが注意しても)どうにもならなくなった息子」という意味合いで、「手に負えない」という表現を使用しています。



「手に負えない」の類語や類義語

「手に負えない」の類語や類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「手に余る・困り果てる」
  • 「コントロールできない・対処できない」

「手に余る・困り果てる」

「手に負えない」という表現は、「自分の力・経験では手に余ること」「自分にはどうにもならずに困り果てること」を意味しています。

「手に余る」とは、「自分の力では及ばずに対処できないこと」を意味しています。

その意味合いから、「手に負えない」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「手に余る・困り果てる」の表現を指摘できます。

「コントロールできない・対処できない」

「手に負えない」という表現は、「その相手・状況を自分の力ではコントロール(制御)できないこと」「自分の能力ではその相手・対象に対処できないこと」を意味しています。

これらの意味から、「手に負えない」と近しい類似の意味を持つ類義語として、「コントロールできない・対処できない」の表現を上げられるのです。

icon まとめ

この記事で解説した「手に負えない」の表現には、「自分の能力・経験では、どうにもならないこと」などの意味があります。

「手に負えない」の類語・類義語として、「手に余る・困り果てる」「コントロールできない・対処できない」などがあります。

「手に負えない」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。