意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「黒目がち」とは?!意味や解説

「黒目がち」は、若い女性の間でよく使われるメイクに関する言葉です。

黒目がち

Meaning-Book
「黒目がち」とは?!意味や解説>


目次

  • 「黒目がち」とは?
  • 「黒目がち」の概要


「黒目がち」とは?

「黒目がち」は、目の中の黒目の部分が(極端に)少なく見えるという意味で使います。

生まれつき、または疾患によってそのように見えてしまう場合には使わず、目の周りのメイクやカラーコンタクトレンズなどの使用によってそう見える時に用いられる言葉です。

目の周りのメイクは女性にとって大切なものですが、この状態になってしまうと、人からどこを見ているのか分かりにくくなってしまうだけでなく、折角のメイクが反っておかしく見えてしまうことに繋がってしまいます。



「黒目がち」の概要

ノーメイクの状態より黒目が大きく見えるようなメイクは、女性であれば誰でも行うものです。

それによって表情がはっきりしたり、綺麗に見えるという理由からですが、それをやり過ぎてしまったのがこの「黒目がち」と呼ばれる状態だと考えていいでしょう。

装着するだけで黒目が大きく見えるカラーコンタクトレンズを使うと、元の黒目の大きさによってはそれだけで「黒目がち」になってしまうことがあるので注意が必要です。

また、そのようなものを使わなくても、つけまつ毛と目の周りのメイク次第で、誰でもこうなってしまう可能性があります。

「何ごともやり過ぎはよくない」という例のようなもので、この言葉自体で「目の周りのメイクを(ここで紹介している意味で)失敗している」と解釈することが多いですが、「ちょうどよく黒目がちになった」のように用いることもできます。

その為、失敗だけに使う言葉という訳でもありません。

icon まとめ

「黒目がち」なメイクにしてしまうと、先のように表情が読み取りにくくなったり、おかしく見えてしまうことが多いです。

その為、目の周りはちょうどよさが一番大切になると言えるでしょう。

どれくらいがそれなのかは人によって様々なので、一概に表現することはできません。