意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「クライアント」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「クライアント」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「クライアント」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「クライアント」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「クライアント」とは?意味
  • 「クライアント」の表現の使い方
  • 「クライアント」を使った例文と意味を解釈
  • 「クライアント」の類語や類義語


「クライアント」とは?意味

「クライアント」というのは「依頼人」「顧客」という意味を持ちます。

一般的には「顧客」という意味で使われることが多く、企業では取引相手を指すこともあります。

医療現場では患者が「クライアント」になります。

最近はネットビジネスをする人も増えました。

インターネットを使って副業をしたり、日本以外の国で仕事をしたり、という人も珍しくありません。

このような人たちは「クライアント」と連絡を取り合って仕事をしています。

「クライアント」から仕事の依頼があり、ネットビジネスをしている人たちはその依頼を受けて仕事をするということになります。



「クライアント」の表現の使い方

「クライアント」の表現の使い方を紹介します。

「クライアント」というのは「依頼人」「顧客」という意味になります。

例えば弁護士や会計士は依頼を受けて仕事をします。

つまり、弁護士や会計士に仕事を依頼する人は「依頼人」ということになり、「クライアント」になります。

このような人たちは「新しいクライアント」「もう少しクライアントを減らした方が良い」などと使います。

「クライアント」を使った例文と意味を解釈

「クライアント」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「クライアント」を使った例文1
  • 「クライアント」を使った例文2

「クライアント」を使った例文1

「急にクライアントから連絡が来なくなり、困っています」

仕事をするためには、依頼主と連絡を取り合う必要があります。

しかし、中にはいきなり連絡が取れなくなってしまい、仕事がしにくいと感じる「クライアント」もいます。

確かに「クライアント」が休暇をとっているなどということもありますが、いきなり連絡が取れなくなってしまうと仕事をする側にとっても大変です。

「クライアント」とは頻繁に連絡を取り合い、もしも連絡が取れない時期があるならば、それもきちんと相手に伝えなければいけないといえます。

「クライアント」を使った例文2

「仕事をするためにはクライアントを増やさなければいけません」

もしも仕事をして収入を増やしたいと思うならば、「クライアント」を増やす必要があります。

「クライアント」がいないという事は自分に仕事を依頼する人間がいないということになり、「クライアント」が少なければ収入が少ないということになります。

よほど大きな仕事が舞い込んでこない限り、「クライアント」は多い方が収入を増やせると言えるでしょう。



「クライアント」の類語や類義語

「クライアント」の類語や類義語を紹介します。

  • 「依頼人」【いらいにん】
  • 「顧客」【こきゃく】

「依頼人」【いらいにん】

「依頼人」というのは仕事を依頼する人、という意味であり、「依頼」という言葉には人に用件を頼むという意味があります。

「依頼主」「依頼者」と呼ばれることもあります。

「顧客」【こきゃく】

「顧客」というのは自分の商品やサービスを販売する対象を指しています。

「お客様」「クライアント」と言われることもあります。

icon まとめ

「クライアント」という証券はビジネスで多く使われますので、よく知っておきましょう。

仕事をするならば「クライアント」を増やしていかなければいけません。