意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「インセンティブ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「インセンティブ」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「インセンティブ」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「インセンティブ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「インセンティブ」とは?意味
  • 「インセンティブ」の表現の使い方
  • 「インセンティブ」を使った例文と意味を解釈
  • 「インセンティブ」の類語や類義語


「インセンティブ」とは?意味

「インセンティブ」というのは人々の意思決定や行動を変化させる要因を指し、「誘因」と言われることもあります。

意欲向上や目標達成のための刺激策を指しており、最終的には金銭面で有利になるような方向でなされる方策を指すこともあります。

求人広告等にも「別途インセンティブあり」と記載されていることがありますよね。

これはやる気を起こさせるための刺激であり、社員の働く意欲を向上させるために会社が支給するご褒美、つまり給与、という意味になります。

通常の給与に上乗せして支払われる仕組みを「インセンティブ」と呼ぶのです。



「インセンティブ」の表現の使い方

「インセンティブ」の表現の使い方を紹介します。

「インセンティブ」というのは人々の意思決定や行動を変化させるための要因を指しており、金銭面で得するような方策を指す場合もあります。

例えば、「10件の実績をあげたらインセンティブを支給します」と言われれば、それは受験の実績をあげたら給与の支給金額が増えるという意味になります。

そのように言われたら、俄然頑張ろうと思う人もいるかもしれませんね。

それ以外にもプリペイドカードや商品券などが支給されることもあり、必ずしも現金とは限りません。

旅行にいかせてくれる企業も存在すると言われており、「インセンティブ」には様々なものがあるといえます。

「インセンティブ」を使った例文と意味を解釈

「インセンティブ」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「インセンティブ」を使った例文1
  • 「インセンティブ」を使った例文2

「インセンティブ」を使った例文1

「金銭面で得するインセンティブはやる気につながります」

「頑張ったら収入が増える」という事はやる気につながるのではないでしょうか。

最近は収入が上がらない、ボーナスが出ない、などと悩む人も増えていると言われています。

退職してからも何とか仕事を続けなければ年金受給年齢までに間がある、などと悩んでいる人もいるかもしれませんね。

特にそのような人にとって、金銭面で得する「インセンティブ」はやる気につながるのではないでしょうか。

業績をあげたら収入が増えるということで、頑張ろうと思えるかもしれませんね。

「インセンティブ」を使った例文2

「先日はインセンティブでハワイ旅行に行きました」

業績をあげたために、旅行をプレゼントされるなどということもあるかもしれません。

仕事をしているとなかなか旅行に行けるような余裕もありませんので、ありがたいと思う人もいるかもしれませんね。

また、家族で旅行に行けるとなればなおさら仕事を頑張ろうと思えるのではないでしょうか。

また、会社への忠誠心を促すためにもこのようなシステムは効果があるといえます。



「インセンティブ」の類語や類義語

「インセンティブ」の類語や類義語を紹介します。

  • 「報酬」【ほうしゅう】
  • 「ボーナス」

「報酬」【ほうしゅう】

「報酬」とは、労働や仕事、骨折りなどに対する謝礼の金銭や物品を指しています。

「御礼」「返礼」と言われることもあります。

「ボーナス」

「ボーナス」というのは定期給の労働者に対し、定期給とは別に支払われる特別な給料を指し、「お給金」と言われることもあります。

日本では年に2回支給されることが多いのではないでしょうか。

icon まとめ

「インセンティブ」という表現はビジネスで大切な表現ですので、よく覚えておきましょう。

会社を運営する場合は適宜「インセンティブ」を導入していきたいものです。