意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「イノベーション」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「イノベーション」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「イノベーション」という表現について詳しく紹介していきます。

イノベーション

Meaning-Book
「イノベーション」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「イノベーション」とは?意味
  • 「イノベーション」の表現の使い方
  • 「イノベーション」を使った例文と意味を解釈
  • 「イノベーション」の類語や類義語


「イノベーション」とは?意味

「イノベーション」というのは一般的に、「新しい技術の発明」を指し、「経済発展としての技術革新」という意味になります。

しかしそれだけではなく、新しい価値を作り上げて社会的な変化をもたらす人や組織、社会の変革を指すことが多く、「新しい捉え方」「新しい活用法」と言われることもあります。

J. A. シュンペーターが考え出した概念で、経済発展論の中心的な考え方です。

生産を増やすために労働や土地などの組み合わせを変化させたり、新たな生産要素を導入したりすることを指し、起業家たちは「革新」「新機軸」と表現することもあります。



「イノベーション」の表現の使い方

「イノベーション」の表現の使い方を紹介します。

「イノベーション」というのは経済発展としての技術革新であり、例えば「イノベーションによって経済を活性化させます」のように使われます。

例えば、工場で新しい生産方式を導入したり、新しい製品を開発したりすることでより売り上げを増やすことが可能になりますよね。

売り上げが増えれば経済が活性化します。

そのため、この場合は「イノベーションとして新しい生産方式を導入しました」のように使われるのです。

「イノベーション」を使った例文と意味を解釈

「イノベーション」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「イノベーション」を使った例文1
  • 「イノベーション」を使った例文2

「イノベーション」を使った例文1

「イノベーションによって様々な商品が販売されました」

イノベーションをするためには新しい製品を作り出すことが大切です。

例えば、お店に行くと新しい商品をいろいろ見かけますよね。

「こんな商品、いつ使うんだろう」と思ってしまうほど、多くの種類の商品があります。

しかし、企業としては新しい視点から商品を作り出すことで売り上げを増やすことが可能になり、これが経済発展につながるとも言えるのです。

「イノベーション」を使った例文2

「イノベーションとして新しい生産方式を導入します」

工場における生産方式は日々改善されていかなければいけません。

今までの生産方式に時間やお金がかかってしまっていれば、それでは無駄になってしまいますよね。

新しい機械などが作られ、より素早く、安く商品が作れるならば、そのほうが最終的には売り上げにつながります。

そのため、イノベーションとして新しい機械を導入するということも企業にとっては大切です。



「イノベーション」の類語や類義語

「イノベーション」の類語や類義語を紹介します。

  • 「新機軸」【しんきじく】
  • 「技術革新」【ぎじゅつかくしん】

「新機軸」【しんきじく】

「新機軸」というのは「それまでのものとは違った新しい工夫ややり方」という意味です。

「新機軸を打ち出していきたいと思います」などと使われます。

「技術革新」【ぎじゅつかくしん】

「技術革新」というのは一般的に生産技術の「改良」「革新」を指しています。

それらを現実に導入していくことが「新機軸」であり、「イノベーション」になります。

icon まとめ

「イノベーション」という表現はニュースで聞くことも多いかもしれませんね。

ぜひ意味を理解しておきましょう。