意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「イシュー」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「イシュー」という単語は時々耳にしますが、その意味は場面・内容によってさまざまな解釈がされています。

そのため正しく理解して使いこなしている人は少なく、どのような言葉か紹介していきます。

Meaning-Book
「イシュー」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「イシュー」とは?意味
  • 「イシュー」の表現の使い方
  • 「イシュー」を使った例文と意味を解釈
  • 「イシュー」の類語や類義語


「イシュー」とは?意味

「イシュー」という言葉は一般に広義の意味合いで論点・問題点・課題点といった解釈をされることが多いです。

様々な解釈の理由として場面に応じて意味合いが変化するためです。

ビジネスシーンでは「課題・論点」といった解釈となり、トラブルに対しては「問題点」となります。

他にも同氏としての意味合いも持っているため、解釈の変化を理解しておくことが求められます。

またそれらは悪い意味で解釈されず、解決して次にステップアップするための工程といった意味合いを持ち、ポジティブな解釈を持ちます。



「イシュー」の表現の使い方

「イシュー」という言葉は日常・ビジネスシーンと様々な場面で用いられています。

そして使い方としては物事において焦点となるものを表しますが、その内容は場面・状況に応じてさまざまとなります。

ビジネスシーンでは何に比重を置き、考えるべきかということへの代名詞としても用いられます。

日常では乗り越えるべき問題といった意味合いで用いられます。

「イシュー」を使った例文と意味を解釈

「イシュー」という言葉は様々な意味合いと場面で用いられています。

しかし大まかな理解で使った結果、誤った解釈と使い方になっている人も多いです。

正しい使い方はどのようになるか、例文と意味の解釈を紹介します。

  • 「イシュー」を使った例文1
  • 「イシュー」を使った例文2

「イシュー」を使った例文1

「今回は色々と情報が重なっているからイシューを特定することがなにより大切だよ」

この場合、情報が錯乱し混乱を起こす状況の中で「イシュー」は現状の課題と論点を絞り何に重きを置くかとなります。

そしてそのイシューを明確にすることが求められると話しています。

「イシュー」を使った例文2

「僕は毎日一つは自分に対してのイシューを見つけるようにしている。それを日々解決することで成長できると信じているよ」

この場合の「イシュー」は自己課題・問題と解釈されます。

またそれも自分を成長させてくれる要素という解釈であり、解消することが成長になるという考えのもと探していると話しています。



「イシュー」の類語や類義語

「イシュー」には様々な解釈があります。

そのため類語や類義語も多く存在しており、どのようなものがあるか紹介します。

  • 「プロブレム」
  • 「タスク」

「プロブレム」

「プロブレム」は問題という意味を持ち、「イシュー」と意味は重なります。

しかし「プロブレム」の場合はメリットを与えるという解釈ではなく、被害・損失・影響といったマイナスイメージを含む解釈となるため、類語として扱われています。

「タスク」

「タスク」とは課題という意味を持ち、「イシュー」でも同じ解釈をされる場合もあります。

しかし「イシュー」では解決する必要性がある課題という意味合いに対し、「タスク」は与えられる・提供される課題という意味合いです。

そのためニュアンスが異なるため類語となります。

icon まとめ

「イシュー」とは時々耳にする言葉ですが、ビジネスシーンでも使う機会も多く正しく理解しておかないと誤解を生みかねません。

また表現次第ではどう解釈されるかにも影響するため、注意が必要です。