意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「アライアンス」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「アライアンス」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「アライアンス」という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「アライアンス」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「アライアンス」とは?意味
  • 「アライアンス」の表現の使い方
  • 「アライアンス」を使った例文と意味を解釈
  • 「アライアンス」の類語や類義語


「アライアンス」とは?意味

「アライアンス」というのは「企業同士の提携」という意味になります。

英語で使われる際には同盟という意味で使われますが、日本語におけるカタカナ語としてマスコミが利用する場合、この言葉は企業同士が提携するという意味になり、例えば「この会社とあの会社がアライアンスを組む」のように使われます。

また、キリスト教の「日本アライアンス教団」を指すこともあります。



「アライアンス」の表現の使い方

「アライアンス」の表現の使い方を紹介します。

英語で「アライアンス」と言われたらそれは同盟という意味になりますよね。

しかし、日本語でカタカナとして使われた場合、これは企業同士の提携という意味になります。

飛行機に乗るときは、航空会社同士が提携してマイレージサービスなどを実施しており、これを「アライアンス」と呼ぶこともあります。

プロサッカーJリーグはクラブ同士がお互いのチケットを拡販し合う「チケットアライアンス」を実施しています。

このように、日本語で使われる場合は同盟という意味ではありませんので、注意が必要です。

「アライアンス」を使った例文と意味を解釈

「アライアンス」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「アライアンス」を使った例文1
  • 「アライアンス」を使った例文2

「アライアンス」を使った例文1

「航空会社同士がアライアンスを組んでいるため、他の航空会社でマイレージが利用できます」

飛行機に乗る機会が多い人はマイレージを意識しているということもあるかもしれませんね。

しかし、行き先等によって使う航空会社は変化しますし、なかなかマイレージがたまらないという悩みを抱えている人もいるかもしれません。

最近は航空会社同士が「アライアンス」を組んでいるため、容易にマイレージが貯められるとも言われています。

「アライアンス」を使った例文2

「アライアンスは企業が生き残るための方法でもあります」

企業が財政困難等に陥った場合、なんとしてでも生き残る方法を見つけなければいけません。

そのような時に「アライアンスを組む」という方法があります。

「アライアンス」を組むことによって他の企業から助けてもらうことも可能になりますから、これによって生き残れると考える企業もあるのです。



「アライアンス」の類語や類義語

「アライアンス」の類語や類義語を紹介します。

  • 「提携」【ていけい】
  • 「連合」【れんごう】

「提携」【ていけい】

「提携」というのは努力して何かをするために互いに力を合わせる、という意味になります。

特定の分野に限定して複数の企業が協力することを指し、「業務提携」「タイアップ」と呼ばれることもあります。

「連合」【れんごう】

「連合」というのは共通の目的を持つ2つ以上のものが1つに組織化することやその組織を指し、「連合共和国」などと言われます。

これ以外にも日本労働組合総連合会の略称として使われることもあります。

icon まとめ

「アライアンス」という表現はビジネスをしているとよく聞きますね。

英語とは違うということを意識し、誤解しないように覚えておきましょう。