意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「アウトソーシング」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「アウトソーシング」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「アウトソーシング」という表現について詳しく紹介していきます。

アウトソーシング

Meaning-Book
「アウトソーシング」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「アウトソーシング」とは?意味
  • 「アウトソーシング」の表現の使い方
  • 「アウトソーシング」を使った例文と意味を解釈
  • 「アウトソーシング」の類語や類義語


「アウトソーシング」とは?意味

「アウトソーシング」というのは「外部委託」とも呼ばれるため、「外部委託」と言われたら分かりやすいと感じる人もいるのではないでしょうか。

もともとは組織の内部で行っていたビジネスプロセスについて、外部組織から労働サービスとして購入する、という契約を指しています。

仕事を担う人を外部から調達し、企業活動に生かす経営手法ということになります。

会計や税務等を扱う時、外部の専門家に任せた方が品質が高い、コストが安い、などという理由で「アウトソーシング」が普及していきました。



「アウトソーシング」の表現の使い方

「アウトソーシング」の表現の使い方を紹介します。

本来は企業内部でやらなければいけないことを外部から委託する場合、これを「アウトソーシング」といえます。

例えば、最近は「アウトソーシング」のメリットがよく唱えられるようになり、「アウトソーシングで企業競争に集中できます」「アウトソーシングをすることで仕事を効率化させられます」などと言われています。

確かに専門家に任せた方が品質が高い、それによって評判が良くなる、などと言えますよね。

「アウトソーシング」を使った例文と意味を解釈

「アウトソーシング」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「アウトソーシング」を使った例文1
  • 「アウトソーシング」を使った例文2

「アウトソーシング」を使った例文1

「今回アウトソーシングをしたことで税務処理が助かりました」

アウトソーシングをしたことで税務処理が助かった、という企業は珍しくありません。

自分たちで税務処理をしていると、どうしてもミスが起こる場合もありますし、時間がかかってしまってコストが無駄になったということもあります。

しかし専門家が扱えば短時間で完成しますし、何よりもミスが起こる心配がありません。

そのため脱税疑惑などと言われてしまう心配もなくなりますね。

「アウトソーシング」を使った例文2

「アウトソーシングを利用することで企業競争に集中できます」

アウトソーシングとして外部に委託できる何かを会社内部でしようとすると時間がかかってしまう可能性がありますよね。

そのために、仕事に集中できない時間があったら非常にもったいないといえます。

しかし、たとえ少々コストがかかったとしても外部に委託することで、自分たちは仕事に集中できますよね。

そのために企業競争に集中できると考えられています。



「アウトソーシング」の類語や類義語

「アウトソーシング」の類語や類義語を紹介します。

  • 「外部委託」【がいぶいたく】
  • 「発注業務」【はっちゅうぎょうむ】

「外部委託」【がいぶいたく】

「外部委託」というのは「アウトソーシング」と同じく、従来は組織内部で行っていたビジネスプロセスを独立した外部組織から労働サービスとして契約する契約を指しています。

その対義語は「インソーシング」であり、「外注」「請負」と言われることもあります。

「発注業務」【はっちゅうぎょうむ】

「発注業務」とは仕入先に対して商品やサービスを発注する、という意味です。

最近は「発注業務」が一般的になり、これを効率化することでコスト削減が可能だとも言われています。

icon まとめ

「アウトソーシング」はビジネスで多く使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。

最近は一般的になっていますので、新社会人もきちんと覚えておきたい言葉の1つです。