意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「神業」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「神業」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「神業」という言葉を使った例文や、「神業」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「神業」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「神業」とは?意味
  • 「神業」の表現の使い方
  • 「神業」を使った例文や短文など
  • 「神業」の類語や類義語・言い換え


「神業」とは?意味

「神業」には、「神のしわざ」という意味があります。

またそこから転じて「神のみができるような人間を越えた技術や行為」という意味があります。

また「神に関する行事」という意味があります。

一般的には、前者の意味で使われています。

  • 「神業」の読み方

「神業」の読み方

「神業」の読み方は、「かみわざ」になります。

「しんぎょう」などと読み間違えないようにしましょう。



「神業」の表現の使い方

「神業」の表現の使い方を紹介します。

「神業」には、「神のような超人間的な技術や行為」という意味があるため、そのような卓越した技や行為を見た時に、「神業」という言葉を使ってみましょう。

例えばeスポーツの試合を見た時、自分では想像できないような、手さばきで技を繰り出すプレーヤーがいるかもしれません。

人間ができる動きを越えていると感じたら、「あのゲーマーの手さばきは、神業だ」などと、「神業」という言葉を使ってみましょう。

「神業」を使った例文や短文など

「神業」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「神業」を使った例文1
  • 「神業」を使った例文2

「神業」を使った例文1

「ピアニストの演奏を見て、指の動きの速さが『神業』だと感じる」

この例文のように、一流のピアニストの指の動きを見ていると、人間離れした技術だと感じさせることがあります。

超絶テクニックのピアニストの演奏に対して、「神業」という言葉を使ってみましょう。

「神業」を使った例文2

「このスケジュールで、仕事を納期までに終えられたら『神業』だ」

この例文のように、仕事の場面でも「神業」という言葉を使ってみましょう。

納期まで時間がなく、絶対に終えられないように思える仕事を任された時、この例文のように、「彼ができたら神業だ」などと言います。

自分は神のような存在ではないと考えていることを前提にすれば、「絶対間に合わない」と嘆いているように見えます。

このように、普通に考えたら不可能なことを成し遂げることを「神業」と言います。



「神業」の類語や類義語・言い換え

「神業」の類語や類似を紹介します。

  • 「卓越」【たくえつ】
  • 「抜きん出た」【ぬきんでた】

「卓越」【たくえつ】

「卓越した」には「他と比べたとき、群を抜き、優れていること」という意味があります。

「卓越した技術」という言葉には、「群を抜いて優れた技術」という意味があります。

「抜きん出た」【ぬきんでた】

「抜きん出た」には、「技術や能力などが大多数の人と比べて一際優れている」「ひときわ高く出た」という意味があります。

「抜きん出た才能の持主」「抜きん出たイケメン」などという使い方をします。

icon まとめ

「神業」という言葉について見てきました。

神の仕業にしか思えないような技を見た時、「神業」という言葉を使ってみましょう。