意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「抜きん出た」の意味とは?読み方・対義語・英語【使い方や例文】

「抜きん出た」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「抜きんでた」の英語や、「抜きんでた」を使った例文を紹介します。

抜きん出た

Meaning-Book
「抜きん出た」の意味とは?読み方・対義語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「抜きん出た」の意味とは?
  • 「抜きん出た」の意味
  • 「抜きん出た」の英語
  • 「抜きん出た」の言葉の使い方
  • 「抜きん出た」を使った言葉と意味を解釈
  • 「抜きん出た」を使った例文
  • 「抜きん出た」と思われるためのヒント


「抜きん出た」の意味とは?

「抜きん出た」「ぬきんでた」と読みます。

あなたの事を誰かが「抜きん出た○○」と表現した事があるかもしれません。

そこで今回は「抜きん出た」という言葉の意味や使い方を紹介します。



「抜きん出た」の意味

「抜きん出た」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「抜きん出た」には、「技術や能力などが大多数の人と比べて一際優れている」「ひときわ高く出た」という意味があります。

例えば、クラスで一番背が高い生徒は、他の生徒に比べて背がひときわ高く出ているため、「背が抜きん出た生徒」と呼ばれるかもしれません。

また、ひときわ優れている人も「抜きん出た」と言われます。

会社でいちばん優秀で目立っている人は「抜きん出た才能を持つ社員」などと言われるでしょう。

このように「抜きん出た」には「ひときわ高く出た」または「ひときわ優れた」という意味があります。

「抜きん出た」の英語

抜きん出た meaning in english

「抜きん出た」という言葉を英語にするとどのような表現になるでしょうか。

「抜きん出た」は英語で、“an overpowering”(アンオーバーパワーリング)になります。

“compared to an overpowering”には「圧倒的な」という意味があり、転じて「抜きん出た」という意味になります。

また“an outstanding performance”(アンアウトスタンディングパフォーマンス)には「優れた性能」という意味があり、「抜きん出た」に似た意味を持ちます。

このよに「抜きん出た」は、いくつかの英語にする事ができますので、英語を使う機会のために覚えておきましょう。



「抜きん出た」の言葉の使い方

「抜きん出た」という言葉を、どのような場面で使えばいいでしょうか。

「抜きん出た」には「ひときわ高く出た」または「ひときわ優れた」という意味がありますので、このように感じた時に使ってみましょう。

例えば、ハイキングに行った時に、ひときわ高い山をみつけた時に、「抜きん出た山」と言いましょう。

また、クラスでとても優れた生徒がいたら、「抜きん出た秀才」などと褒めましょう。

また絵が上手な人をみつけた時に、「絵のうまさが抜きん出た人」などと言います。

このように、何かを見た時に「ひときわ高く出た存在」だと思った時や、誰かに会った時に、「ひときわ優れている人だ」と感じた時などに、「抜きん出た」という言葉を使ってみましょう。

「抜きん出た」を使った言葉と意味を解釈

「抜きん出た」を使った言葉を紹介し、その意味を解釈して行きます。

「抜きん出た」という言葉を使った定型句のような言葉ですので、覚えておくと使い勝手が良く便利でしょう。

  • 「抜きん出た才能」
  • 「抜きん出た存在」

「抜きん出た才能」

「抜きん出た才能」という言い回しは、「抜きん出た」という言葉を使う時に、もっとも多く登場するかもしれません。

周囲に比べてひときわ優れた才能を持つ人は「抜きん出た才能」「抜きん出た才能の持ち主」と言われます。

ビジネスシーンでは仕事のスキルやコミュニケーション能力が優れている時に、「抜きん出た才能」と言われるでしょう。

また学校やコミュニティでは、ダンスや短距離走の能力、絵画や演奏能力などがひときわ優れている時に「抜きん出た才能」という言葉が使われます。

「抜きん出た存在」

「抜きん出た存在」というフレーズも良く使われています。

存在そのものがひときわ目立っている時に、「抜きん出た存在」と言われます。

例えば合コンに、他の人と比較にならないくらい魅力的な人が来ている時、「合コンメンバーの中で『抜きん出た存在』」と言われるでしょう。

また、仕事の集まりに、ひときわ目立った実績を持つ人が参加した時に、「抜きん出た存在」と噂されるのではないでしょうか。

このように、存在がすごすぎる人に対して、「抜きん出た存在」という言葉を使います。

「抜きん出た」を使った例文

「抜きん出た」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「抜きん出た」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

「アイドルグループの中で彼女は『抜きん出た存在』だ」

最近は5人から数十人の女性アイドルが集まって、アイドルグループを結成するのが普通になっています。

それぞれのアイドルにファンがいるものですが、その中でもひときわ目立つアイドルがいます。

このようなアイドルを見た時に、例文のように「抜きん出た存在」という言葉を使いたくなります。

例文2

「勉強はできないが、絵筆を取ると『抜きん出た才能』を発揮する」

この例文のように、一芸に秀でて、そのジャンルでは他を圧倒できる人がいます。

このような人の持つ一芸の才能を「抜きん出た才能」と言います。

「抜きん出た」と思われるためのヒント

最後に「抜きん出た」存在になるためのヒントを紹介します。

ライバルと差を付けたい人や、周囲から一目置かれるような存在になりたい人は参考してみましょう。

  • 「基本を大切にする」
  • 「資格を取得する」

「基本を大切にする」

「抜きん出た」人は、基本を大切にしています。

絶対に約束の時間を守る、仕事を最後までやり遂げる、敬語を使いこなすなど、当たり前の事を大切にして、抜かりなく行います。

「資格を取得する」

他の人と差をつけるために、資格を取る方法があります。

仕事で「抜きん出る」ためには、仕事に活かせる資格取得を目指します。

また素敵に見えるための資格を取得するは、恋愛場面で「抜きん出た存在」になれるかもしれません。

icon まとめ

「抜きん出た」という言葉の意味や使い方を見てきました。

自分に特徴がないと感じている人は、「抜きん出た○○」を作るために、資格取得などを目指してみてはいかがでしょうか。