意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「モンスターペアレント」とは?!意味や解説

子供の有無にかかわらず、「モンスターペアレント」という言葉はだれしも一度は聞いたことがあると思います。

社会問題にもなりつつある存在ですが、いったい「モンスターペアレント」とは何なのか、紹介します。

モンスターペアレント

Meaning-Book
「モンスターペアレント」とは?!意味や解説>


目次

  • 「モンスターペアレント」とは?
  • 「モンスターペアレント」の概要と例


「モンスターペアレント」とは?

「モンスターペアレント」とは子育てをしている親の一部を表す言葉です。

一般的な親とは異なり、子供を取り巻く環境・人などに対して著しく過剰な要求や訴えなど、ほかにも様々な問題を起こすような人を表します。

時には教育者を失脚させようとしたり金品・クラス替えを要求するなど、明らかに問題となる行動です。

多くは母親に多い傾向にありますが、父親のみ・夫婦両方というケースもあります。

また子供自身は普通でも親だけが異常な場合も適応する言葉とされています。

タイプは親によってさまざまであり、明確にこれをするからという定義・基準はありません。

しかし現代の日本では子供・親を優先してしまうような風潮があり、昔のように教職者が強く出ることが難しいです。

そこから生まれたモラル・常識に著しく反した言動をする・要求をするような親を総称して「モンスターペアレント」と表します。



「モンスターペアレント」の概要と例

「モンスターペアレント」の多くは自身の子供や状況ばかりを優先してしまい、周囲への配慮や注意などができないケースも多いです。

子供にとってがすべてとなり、他の人にとってどうかという部分が欠落するため、モラル・常識から外れてしまいます。

多くは少しでも子供に叱ったり無理をさせる・成績が悪くなるなど些細な事でも大事のようにとらえ、その責任を教職者に求めがちです。

そのため学級崩壊をするケースもあり、教育現場を脅かすような存在として扱われていることから「モンスターペアレント」と表現されるようになりました。

icon まとめ

「モンスターペアレント」は子供に過保護・過剰にいしきしてしまうことからなってしまう親も多いです。

しかしパターン・タイプは非常に幅広く、日々教育現場を悩ませる問題として扱われています。