意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「アサイン」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「アサイン」という表現を知っているでしょうか。

ここでは「アサイン」という表現について紹介していきます。

アサイン

Meaning-Book
「アサイン」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「アサイン」とは?意味
  • 「アサイン」の表現の使い方
  • 「アサイン」を使った例文と意味を解釈
  • 「アサイン」の類語や類義語


「アサイン」とは?意味

「アサイン」というのは「任命する」「指定する」という意味があります。

動詞として使われるため「アサインする」と使われることが多く、「今度のプロジェクトにはあなたをアサインします」「あなたを専任教諭としてアサインします」などと使われます。



「アサイン」の表現の使い方

「アサイン」の表現の使い方を紹介します。

「アサイン」というのは業界によって少々意味が異なる言葉だといえます。

例えば、ホテル業界などでは「アサイン」は部屋割りやシート割りを指すことがあり、飛行機の座席は通路側をアサインしています」「山側の部屋をアサインしてください」などと言われます。

また、IT業界においてはパソコンのファンクションキーの配置を指して「アサイン」ということもあります。

「アサイン」を使った例文と意味を解釈

「アサイン」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「アサイン」を使った例文1
  • 「アサイン」を使った例文2

「アサイン」を使った例文1

「部長が彼女をアサインしてくれたため、プロジェクトが楽でした」

プロジェクトをするときには、力がある社員を任命して欲しい、力がある人をグループに加えて欲しい、などと感じる人も多いのではないでしょうか。

もしも上司が適切な人材を加えてくれたらプロジェクトも比較的楽に進むかもしれませんね。

もしもプロジェクトを遂行するにあたって「彼が欲しい」という人材がいたら、上司に申し出ることも大切です。

また、足を引っ張る社員が加わってしまうと逆にプロジェクトが進まないなどということもあるかもしれません。

「アサイン」を使った例文2

「今回の飛行機は窓側の座席がアサインされているため、長時間心配です」

飛行機に乗る場合、長時間のフライトならば通路側が良いと考えている人もいるのではないでしょうか。

窓側の席は確かに景色が楽しめますが、時間帯によっては外が見られませんし、トイレに行くのも大変ですよね。

通路側であれば、隣の人に気兼ねせずトイレに行けますから、特に長時間のフライトでは通路側の方が楽だ、と考える人が増えています。

しかし、子供がいる場合などは通路側の方が安心かもしれませんね。

時と場合に応じて、座席を使い分けられると良いですね。



「アサイン」の類語や類義語

「アサイン」の類語や類義語を紹介します。

  • 「任命する」【にんめいする】
  • 「指名する」【しめいする】

「任命する」【にんめいする】

「任命する」というのは「ある官職や役目に着くよう命じること」という意味があります。

「適任者を所長に任命する」などと言われます。

「指名する」【しめいする】

「指名する」というのは「名前を挙げてその人を指定する」という意味であり、「名指する」と言われることもあります。

「総理大臣を指名する」などと使われますね。

icon まとめ

「アサイン」という表現はビジネスではよく使われますので覚えておきましょう。

最近はこのようなカタカナ語も重要になってきているといえます。