意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「流暢」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「流暢」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「流暢」という言葉を使った例文や、「流暢」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「流暢」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「流暢」とは?意味
  • 「流暢」の表現の使い方
  • 「流暢」を使った例文や短文など
  • 「流暢」の類語や類義語・言い換え


「流暢」とは?意味

「流暢」には、「言葉がすらすらと出て、詰まることのない様子」という意味があります。

誰かの話しぶりが滑らかでよどみがないと感じた時、「流暢」という言葉を使ってみましょう。

  • 「流暢」の読み方

「流暢」の読み方

「流暢」の読み方は、「りゅうちょう」になります。

少し難しい言葉のため、読み間違えないようにしましょう。



「流暢」の表現の使い方

続いて「流暢」の表現の使い方を紹介します。

「流暢」には「言葉がすらすらと出て、詰まることのない様子」という意味があります。

そこで、滑らかな話しぶりを聞いた時、「流暢」という言葉を使ってみましょう。

特に、外国語を滑らかに話せる人の様子を見た時、「流暢」という言葉を使ってみましょう。

「流暢」を使った例文や短文など

「流暢」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「流暢」を使った例文1
  • 「流暢」を使った例文2

「流暢」を使った例文1

「彼女は留学経験があり、英語を『流暢』に話せる」

この例文に登場する女性は、留学経験があるようです。

そのため、英語を母国語のように、滑らかによどみなく話せます。

英単語や英文法について頭の中で考えなくても、英語が口を突いて出るような人を見た時、「流暢」という言葉を使ってみましょう。

「流暢」を使った例文2

「私は、緊張しがちで、スピーチで『流暢』に話せたためしがない」

この例文に登場する人は、緊張しやすい体質の人のようです。

そのため、スピーチの場面で、言葉が滑らかに出て、よどみなく話せたことがないのでしょう。

このように、スピーチが苦手な人は「流暢に話せない」かもしれません。



「流暢」の類語や類義語・言い換え

「流暢」の類語や類似を紹介します。

  • 「滑らか」【なめらか】
  • 「舌が回る」【したがまわる】

「滑らか」【なめらか】

「滑らか」には「物の表面がでこぼこしていなくて、すべすべ、つるつるしている様子」という意味があります。

「滑らかなシーツ」という言葉には、すべすべしている様子のシーツという意味があります。

また「滑らか」には、「物事がすらすらと滞りなく進む様子」という意味があります。

「滑らかな話」「滑らかなスタート」などという使い方をします。

「舌が回る」【したがまわる】

「舌が回る」という言葉には、「すらすらと滑らかにしゃべる」という意味があります。

「舌が回る、学級委員長」という言葉には、よどみなくしゃべれる学級委員長という意味があります。

「舌が回る上司」「舌が回る弁護士」などという使い方をします。

icon まとめ

「流暢」という言葉について見てきました。

言葉が滑らかに出て、よどみない人を見た時、「流暢」という言葉を使ってみましょう。