意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「滑らか」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「滑らか」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「滑らか」という言葉を使った例文や、「滑らか」の類語を紹介して行きます。

滑らか

Meaning-Book
「滑らか」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「滑らか」とは?意味
  • 「滑らか」の表現の使い方
  • 「滑らか」を使った例文や短文など
  • 「滑らか」の類語や類義語・言い換え


「滑らか」とは?意味

「滑らか」には「物の表面が、つるつるしていること」という意味があります。

また「物事が障害もなくスムーズに進むこと」という意味もあります。

  • 「滑らか」の読み方

「滑らか」の読み方

「滑らか」の読み方は、「なめらか」になります。



「滑らか」の表現の使い方

「滑らか」の表現の使い方を紹介します。

「滑らか」には「物の表面が、つるつるしていること」という意味があります。

そのため、物の表面がすべすべ、つるつるの物を見た時、「滑らか」という言葉を使ってみましょう。

例えば子供の顔の表面を見ると、大人とは違い、すべすべ、つるつるではないでしょうか。

そこで、「子供の顔は、滑らかでうらやましい」などと、「滑らか」を使った文章にしましょう。

また「滑らか」には、「物事がすらすらと、滞りなく進む様子」という意味もあります。

そのため、仕事や勉強などが、スラスラ滞りなく進む時、「滑らか」という言葉を使ってみましょう。

「滑らか」を使った例文や短文など

「滑らか」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「滑らか」を使った例文1
  • 「滑らか」を使った例文2

「滑らか」を使った例文1

「泥団子を作りながら、表面を『滑らか』にするのが楽しい」

この例文は、泥を丸めて磨き上げて行く「泥団子」という遊びについての文章になります。

泥団子は表面がつるつるですべすべにしていくのが目的のため、まさに「滑らか」にするのが泥団子の目的と言えます。

このように「表面がつるつる、すべすべしている物」「滑らか」という言葉で表現できます。

「滑らか」を使った例文2

「仕事が『滑らか』に進み、定時で帰ることになった」

この例文は、仕事がすらすらと、特に滞りなく進んだため、定時前に仕事を終えられたという意味があります。

このように「滑らか」には、「物事がすらすらと、滞りなく進む様子」という意味もあります。



「滑らか」の類語や類義語・言い換え

「滑らか」の類語や類似を紹介します。

  • 「つるつる」
  • 「すべすべ」

「つるつる」

「つるつる」には「物の表面が硬く光沢があり滑らかなこと」という意味があります。

「つるつるとした肌に憧れる」などという使い方をします。

「すべすべ」

「すべすべ」には、「物の表面が柔らかで滑らかなこと」という意味があります。

「すべすべの床」「すべすべの肌」などという使い方をします。

icon まとめ

「滑らか」という言葉について見てきました。

物の表面にでこぼこがなく、つるつるしていたり、すべすべしている様子を見た時、また物事がすらすらと、滞りなく進む様子を見た時に、「滑らか」という言葉を使ってみましょう。